妊娠初期にこそ知って欲しい葉酸について!摂取するべき5つの理由!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

初めての妊娠。不安もちょっぴりありますが、我が子を抱くその日までドキドキワクワク楽しみでなりませんよね。

今回は、妊娠したかも?と思ったらすぐにでも知って欲しい葉酸についてをまとめました。赤ちゃんにもお母さんにも大切な葉酸には一体どんな効果があるのでしょうか。

不安になりがちな妊娠初期ですが、不安要素をひとつひとつ取り除き楽しいマタニティライフを送りましょうね。

 

葉酸を知っていますか?

近年CMやネット広告で目にすることが多くなった葉酸というワードを皆さんご存じでしょうか?

「女性が飲むサプリ」「赤ちゃんにいいサプリ」と、なんとなくイメージは湧きますが、実際の効果が曖昧ですね。そこでまず始めに葉酸について詳しく見ていきましょう。

葉酸は女性が摂取すべきビタミンの1つ

葉酸はホウレン草や枝豆、モロヘイヤなど野菜を中心に多く含まれるビタミンの1つです。また、胎児が正常に発育するために必要なビタミンとも言われています。

そのため厚生労働省は、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性に対し、葉酸を摂取をするようにと推奨しています。

なぜ最近になって注目されているのか

昔はこれほど葉酸に注目されることはありませんでした。それは今と違いファストフードやコンビニが少なかったため、自炊による栄養のバランスが摂れていたからだと考えられます。

便利なことに、コンビニのおにぎりやパンは、種類も豊富な上に手軽で美味しいですよね。女性の社会活躍による多忙が、バランスの偏りがちな食事に繋がった原因の1つと考えれば現代の葉酸不足も納得です。

1日に必要な摂取量

厚生労働省では妊娠を希望する女性、妊娠中の女性の葉酸摂取基準を400μg/日と定めています。

ホウレン草で例えば1日に200g、枝豆だと150gということになりますが、数字だけみるとあまりパッとしませんよね。また加熱するか生で食べるかによっても含有量に差が出てしまうんです。

毎日食事に気を付けている女性であれば安心ですが、忙しく外食が多いとなると基準の量を摂取できているか不安になりますね。

では、効率良く葉酸を摂取する方法とはなんでしょうか?

サプリで摂取が簡単でおすすめ

毎日バランスの良い食事は難しいという忙しい女性にはサプリメントがおすすめです。野菜や果物と違い、摂取した量が分かりやすいということから多くの女性から重宝されています。

メーカーによっては鉄分やカルシウムも一緒にとれる葉酸サプリもあるので自分に合ったサプリをドラッグストアで探してみましょう。

葉酸の価格は?

そこで気になるお値段ですが、安いものでは500円前後から高いものだと3000円を超えるものまでと、とにかく種類が豊富です。

どれがいいのか迷ってしまいますが基準として①無添加で②国産の③合成葉酸を選ぶようにしましょう。

葉酸サプリには合成葉酸と天然葉酸があります。天然の方がいいのではと不思議に思う人も多いと思いますが、神経管閉鎖症のリスクを低下するという理由から合成葉酸が推奨されています。

①~③全てが当てはまると安心安全と言えますが、妊娠後は何かとお金がかかるのでコスパも大事です。飲み続けることに意味があるので、自分に合った飲みやすい葉酸を見つけてみてくださいね。

注意
ただし、葉酸は1000μg/日までと上限もあるので、摂取すればするほどいいわけではありません。飲み過ぎには注意しましょう。

 

葉酸はいつから摂取するべき?

葉酸の基本については理解できましたね。さて、では葉酸をいつから飲み始めれば良いのでしょうか?

「妊娠に気が付いたときから?」「婦人科の先生にすすめられた時期から?」どちらもハズレではありません。ですが1番好ましい時期というのは、妊娠する1ヶ月前からと言われています。

葉酸は体に吸収されやすいビタミンであるため長い期間体に貯めておくことができないのです。

遅すぎることはあっても早すぎることはありませんよ。これを機に妊娠を希望する女性は積極的に葉酸を取り入れてみてくださいね。 

 

妊娠初期に葉酸を摂取すべき5つの理由

葉酸は妊娠1ヶ月前からの摂取??妊娠してから気付いたよ!言うの遅いよ!というあなたに。

大丈夫です、私もそうでした。妊娠5週にはいってから慌てて飲み始めたのです。葉酸不足でもしものことがあったら、とたくさん不安にもなりました。

ですがそんな私が今思うことは、妊娠に気付いたときからでも遅くはないということ。妊娠初期からでも摂取することによるメリットはたくさんあるんです。大切な赤ちゃんとお母さんのために今日から積極的に摂取しましょう。

それではお待ちかね、妊娠初期の女性が葉酸を摂取すべき5つの理由を紹介します。

①先天性奇形症のリスクの減少

葉酸を摂取することで先天性奇形症の無脳症や二分脊椎症のリスクを減らすことができます。これらを発症した赤ちゃんは生存能力が極めて低いため、お腹の中で亡くなってしまうことがほとんどです。

妊娠初期は流産の確率も高いため心配が尽きません。また現代ではネットに情報が溢れているため些細なことにも敏感になりがちです。きっとエコー写真を片手に不安になるお母さんも多いでしょう。

「先生はなんとも言ってなかったけど大丈夫かしら」と心配になり検索を繰り返す行為は、かえってストレスとなり赤ちゃんへ悪影響です。

心配しないでくださいね。先天性奇形症の無脳症や二分脊椎症の不安を少しでもやわらげるのも葉酸の摂取ですよ。

②母体の貧血症状や動悸などの予防

母体の健康維持を助けてくれるのも葉酸の役目の1つです。葉酸不足は血管リスクを上げてしまうので、めまい、立ちくらみなどの貧血症状や動悸といったマイナートラブルを引き起こすことがあります。

低血圧だから仕方がないとホルモンの影響だから仕方がないと思っている方、もしかしたら葉酸不足かもしれませんよ。

③出産後の母体の出が良くなる

母乳は血液で出来ているということをご存じでしょうか?葉酸には赤血球を作る働きがあるため、血量が増え母乳の出が良くなると言われています。早めの葉酸摂取が出産後の授乳の準備にも繋がるでしょう。

また、母乳での育児は免疫力をあげる効果があるということから、赤ちゃん健康維持のためにも母乳育児を推奨する産院が多いのです。

④ストレスの軽減

妊娠するとどうしてもパートナーの行動や、思い通りにいかない自分の体調にイライラしてしまいがちです。マイナートラブルも多いため妊娠前に比べてストレスが増えるのは間違いないでしょう。

そこで効果を発揮するのも葉酸です。葉酸を摂取すると幸せホルモン(正式名称:セロトニン)が増え、イライラを抑えてくれます。

朝日を浴びたり、大きく深呼吸すると心が穏やかになりますよね。そのリラックス効果が葉酸にも期待できると言われています。

⑤つわりをやわらげる

科学的根拠は発表されていませんが、葉酸を摂取することでつわりがやわらいだと言う声を耳にします。

個人差はありますが、つわりと言えば終わりの見えない辛いもの。中には水すら飲めず入院、という方もいるほどです。体力的にも精神的にもダメージの大きいつわりが和らぐのであれば、なおさら葉酸は摂取したいものですよね。

また最近では吐き気を改善する働きがあるビタミンB6のはいった葉酸サプリも販売されています。つわり中の女性を怒らせるであろうあの発言「つわりは病気じゃない」とまでは言いませんが、たしかにつわりは特効薬も治療薬もありません。

そのぶん体調に合わて上記のような葉酸を上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

以上の内容をまとめると、葉酸とは、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性にメリットの多いビタミンであること。1日400μgの摂取が大事であり、サプリメントで気軽に始められるお母さんと赤ちゃんの強い味方、と言うことがわかりました。

妊娠は夫婦の愛の形であり、新しい命を育む神秘的な現象です。まさしくそれは奇跡とも言えるでしょう。

しかし、その妊娠には少なからずリスクをともないます。妊娠全体の流産率は15%ほどあり、そのうち90%は初期の流産と言われています。

要するに100人妊婦さんのうち13.5人は初期流産を経験してしまう計算になります。

私は大丈夫、そんなことはありません。リスクを0.1%でも減らすためにも、赤ちゃんとお母さんを守るためにも、生活に『葉酸』を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です