男の子の産み分けに挑戦しているブログから成功と失敗を学ぼう!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

私は初めての子供が男の子だったので、女の子のママが子供をかわいく着飾っているのを見ていいなぁなんて、あこがれもありました。

友達は3姉妹のお母さんで、私の上の子に会うと「男の子もいいなぁ」なんていいながら、最近恥ずかしさを覚えた上の子をハグしてます。

彼女に産み分けについて聞いてみたのですが、2人姉妹になった時にもう一人いたらバランスがいいと感じたから3人目を産むことは決めたと言ってました。

でも、男の子も欲しいけど上の子達の年齢が近くて幼稚園の制服も余るし、女の子のほうが経済的に楽だから天に任せることにしたそうです。

産み分けブログを見ていると、男の子は産み分けの成功率が80%ということもあって、ブログを書かれている方も女の子を希望されている方が多いです。

今回は、男の子の産み分けを書かれているブログをセレクトしてみました。成功談と失敗談がありますが、男の子の産み分けを挑戦している方は参考にしてみてくださいね。

そもそも産み分けってどうやるの?

男の子の産み分けは排卵日に合わせると比較的簡単に出来ると言われることから産み分け率80%といわれているのだと思います。

それだけでは不確かなので、男の子の産み分けに合わせた方法があります。

  • 排卵日に性行
  • 性交は女性を気持ちよくさせて体内をY遺伝子を持った精子の生き残りやすいアルカリ性に保つ
  • 男性が1週間ほど禁欲する
  • 男の子産み分け専用の潤滑ゼリーを使う
  • リンカルSを服用する

産み分けの指導をしている専門医にかかることによって、より正確に上記の内容を行うだけでなく、医療的な方法で産み分けを行うこともあります。

  • パーコール法

    ※Y遺伝子を持った精子はX遺伝子のものより倍存在しているので男の子の産み分けにはあまり使用されない方法だそうです。

それぞれの方法について詳しくは別で紹介してますのでそちらを読んでみて下さい。

男の子・女の子の産み分け!メリット・デメリットのまとめ!

2019年3月23日

男の子の産み分けについてのブログの紹介

3人目妊娠 男の子産み分けブログ(産み分け成功談)


(引用:amebaブログ.3人目妊娠男の子産み分け 

1人目女の子、2人目女の子ときて3人目の産み分けを挑戦されたシュガーさんの体験ブログになります。

試した産み分け方法

  • リンカルSと市販で購入したマイカルの飲用
  • オギノ式の基礎体温を調べての排卵日を予想しての性行

ブログの中で3人目の産み分けを決意した気持ちを書いています。

同じく跡取りを望まれている姉妹ママと話をしていて
産み分けについて話が出たことがあります
そのママは
『そこまでしてまではね・・・・』
とかなり否定的でした。
私は違う友人が産み分けで希望通りの性別の子を授かっているのを聞いていて
ただリンカルを服用をして
要するに栄養食品です
排卵日も通って特定をしてもらうだけ
赤ちゃん待ちでも排卵日は特定をしてもらいますよね
ただそれだけの事ですが
やっぱり赤ちゃんは授かりもの!!
との認識が強すぎて、産み分けは否定的な考えが多いようですね
そこまでこだわって性別がもし違ったら?
と考えるからかもしれません。
でも、私は少しでも確率を上げたいのももちろんですが
産み分けしてまで女の子だったら
諦めがつくというか、
私は何をしても女の子しか産まれないんだ!!
と自分で自分を納得するためにも
産み分けをしました
あまり波を立てないために
そのママには
『そうだよね~』と同調しておきましたが
心の中では
『3人目は産み分けをする』
と固く決心していました。
結果として男の子を授かることができましたが
数十年後も後悔しないためにも・・・
産み分けをしてよかったです

(引用:amebaブログ.3人目妊娠男の子産み分け

 

現在、産み分けで生まれた末っ子の男の子も幼稚園に通っているそうです。

ブログは更新停滞中ですが妊娠中の日々の内容が書かれていて、そうそうと思いながら読んでいました。

つわりが性別に関係ないっていうのが特に同感です。上の子の時も下の子の時もそれなりに辛かった記憶があります。

 

男の子産み分け、やめたってよ。(産み分け失敗談)

(引用:amebaブログ,男の子産み分け、やめたってよ 

1人目が女の子で2人目の産み分けを挑戦されましたが、ブログの名前でわかるように2人目も女の子だったマミ子さんのブログです。

産み分けのために病院に行かれてたときに、2人目不妊がわかり不妊治療もされてました。

試した産み分け方法

  • 産み分け病院で指導をうけて排卵日を明確にした
  • リンカルSの飲用
  • 男の子産み分け用潤滑ゼリー(グリーンゼリーとハローベビー両方使用)

現在、ブログを休止されていますが2人目が女の子だったことについての自分の気持ちを書いています。

約8割で男の子と言われる産み分け率の中で
生き残った女の子です
それでもやっぱり聞いた当初は
がんばった分、それなりにショックでしたが
健診で顔を見たり、元気な心音を聞くと
やっぱり愛おしく思うもので
少しずつ受け入れられるようになりました
私はきっと姉妹を育てる運命だったんだなと
産み分けの難関の中でも私たちのところに
やってきたかった強い子だと思います
産み分けをしたことは後悔していませんが
産まれてもいないのに
3人目のことが夫婦間で出るあたり
女だらけの4人家族で
やっていくという覚悟を決めるには
もう少し時間はかかるかもしれません
でも産まれた我が子はきっとかわいいと
娘を見て実感しているので大丈夫でしょう

(引用:amebaブログ,男の子産み分け、やめたってよ

 

黄体ホルモンが少ないことによる不妊治療やポリープ切除の手術をしながらの産み分け妊活は、想像以上に大変だったと思います。

産み分けだけでなく、不妊や女性特有の病気を経験された内容だけでなく、妊娠中の記録など大変読み応えがあります。

 

産み分けをがんばったブログ(産み分け失敗と成功談)

夫の目線から書かれているだけでなく、男の子が生まれるまで頑張ったパパのブログです。

試した産み分け方法

  • 産み分け病院で指導を受けた
  • リンカルSの飲用
  • 濃い性行
  • グリーンゼリー
  • 神頼み

産み分けを挑戦した4人目も女の子で、5人目に挑戦した時のことをはじめに書かれています。

背水の陣で産み分けのできる病院へ行き、リンカルとグリーンゼリー
を処方してもらい実践しました
男の子の産み分け成功率は女の子より高めで80%ぐらいらしいです
結果4人目は女の子でした。産み分けは失敗しました。
かわいがれるだろうか?愛おしくおもえるだろうか?
そんな不安はすぐ消えました。かわいくてしょうがなかったです。
もうこれで打ち止めの予定でした。
この頃から両親からは、養子をとればいいと言い出しました。
長男の嫁に対する気遣いもあったと思います。
4人目が2歳になった時、あきらめ切れなかった僕は嫁に相談しました。
やっぱり男の子が欲しい!
純粋に欲しかった。苦労してもいい。可能性があるなら、チャレンジしてみたい。
年齢的にも決断するなら、今しかなかった
長男の嫁としてのプライド、責任もあったのだろう嫁はこころよく引き受けてくれた
もう、本当に最後だ。これで女の子ならみんなで笑おう!
そう言って産み分けに挑戦することにしました

(引用:産み分けをがんばったブログ

 

ブログでは産み分けでしたことを事細かく書いてあります。排卵日から逆算してなど、とても研究されています。

産み分けは産む女性側だけでなく男性も付き合っていくことの大事さを感じました。

自らの体験だけでなく、ブログを訪れた方たちの口コミも多く載っています。

女の子の産み分けを望まれている方が多いのか口コミも大半が女の子のものになっていますが、紹介したいと思います。

私は薬局で売っている排卵検査薬を使って産み分けをしました。
一人目男の子のときは、寿命の短いY精子をとらえるために、排卵日が来たら
すぐに子作りをして見事男の子となりました。

そして二人目女の子のときは、実は「もしも女の子でなければ子どもは一人でもいい」
ぐらいに思っていましたので、排卵日だと予測されるギリギリの時期に子作りしました。
寿命の短いY精子がグッと減少してから、子作りをするという計画です。

ですから、排卵検査薬にて陽性反応が出たらすぐに仕込みたいところをグッと我慢して、
2日目の陽性反応にて子作りしました。
また、浅めに挿入してできるだけ卵子までの距離を長くすることも忘れてはいませんね。
そして見事女の子の産み分けにも成功しました。

あとがき

男の子も女の子も産み分けするなんて、すごいです。
最初の子供はどちらでもいいっていう人が多いですから、逆の性別の産み分けがほとんどです。

排卵日は重要ですね。病院の場合は直接カメラかなんかを突っ込んで、見るらしいです。
卵子は見えませんが、卵巣の腫れ具合を見るようです。

簡易的なら、排卵日検査薬もありですね。

(引用:産み分けをがんばったブログ 口コミより)

病院での排卵日はこのように調べるんですね。口コミへの一言コメントも勉強になります。

現在このサイトは2014年以降更新がありませんが、産み分けが成功したときの喜びはいままでの苦労が吹っ飛ぶほどの幸せだったそうです。

また、今までお世話をかけた家族や同僚からの祝福の言葉が大変嬉しかったと書いてありました。

 

番外編

真面目系クズが、無職と結婚した結果(産み分け成功談)

ブログの名前が大変気になる方が多いかと思いますが、産み分けを挑戦されています。

2人目に男の子を希望していて男の子の産み分けに成功しています。

試した産み分け方法

  • グリーンジェル使用
  • 福さん式による排卵日の確定

ここで紹介したいのは福さん式です。オリモノの色と膣内に指をいれて子宮口の開き具合をたしかめる方法です。福さん式についてはこのブログで初めて知りました。

(引用:オーガニック布ナプキン専門店nunonana)

布ナプキンnunonaさんにて福さん式について詳しく説明されています。

産み分けだけでなく、タイミングがはずれて中々妊娠できない方にも良さそうです。

また、オリモノの感じを知ることで毎月の生理のタイミングを知ることができて体調管理もできそうだと思います。女性の生理はダイエットにも密接に関係するので前から知っておきたかったです。

 

最後に

産み分けにはまだまだ賛否両論あると思います。それでも産み分けをすると決めた方たちの真剣な思いをブログを通して追体験できました。

女の子より成功率が高いと言われていても必ずしも成功するわけではない、望んだ性別じゃなかったけど生まれてきた子供は可愛い、そう思える自分でいたいですね。

紹介したブログが、これから男の子の産み分けに挑戦される方のモチベーションアップになれば幸いです。

男の子・女の子の産み分け!メリット・デメリットのまとめ!

2019年3月23日

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です