ハローベビーボーイプレミアムの使い方と使用期限、効果について!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

「子供は何人欲しいですか?」

今現在、日本では少子高齢化がどんどん進んでいるのは皆さんご存知だと思います。

実際に、2018年の一人の女性が生涯、何人の子供を産むのかを推計したものである合計特殊出生率は1.49とますます減少しています。

ということは欲しい子供の人数が少なくなっているのかと思うかもしれません。

しかし、実際は意外と理想とする子供の数は2~3人と答える夫婦が多いんです。その理由としては「自分に兄弟姉妹がいたから自分の子供にも兄弟姉妹がいてほしい」と考えるからだそうです。

みなさんもの中にも、すでにお子さんがいらっしゃる方で二人目を考えている人も多いのではないでしょうか?

その際、自分は姉妹だったのでできるなら自分と同じように二人目も女の子が欲しい。また逆に、男の子が欲しいと考えていませんか?

今から紹介するハローベビーボーイは男女の産み分けの確率を高めることができるので、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

ハローベビーボーイって何?

ハローベビーボーイは東京に本社を構え、医療経営、機能性食品の製造販売を事業活動とするシンゲンメディカル株式会社が販売している商品です。

ハローベビーボーイはハローベビー潤滑ゼリーという商品の一つであり、使用によって男女の産み分けを可能にするという商品です。

男の子の場合はハローベビーボーイ、女の子の場合はハローベビーガールを使用します。

ハローベビー潤滑ゼリーのセールスポイントは体に無害な国産・天然成分を使用した安全な商品であるという点です。

プレミアムと普通の違いって

ハローベビー潤滑ゼリーには従来のものとプレミアムが存在します。プレミアムと聞くと普通のものと比べてすごい感じがしますよね。従来のものに比べてとても魅力的だと思います。

では、具体的には従来のハローベビー潤滑ゼリーとプレミアムではどの点が変わったのでしょうか。変わった点は価格と使用成分の2点です。

まず、価格は従来のハローベビー潤滑ゼリーの価格が1箱10000円(税抜き)に対し、プレミアムは1箱12800円(税抜き)となっており、従来品に比べてプレミアムは2800円値段が上がっています。

次に、使用成分は塩化Naとフルクトースが追加されています。この2つのうち大きく影響するのがフルクトースです。

このフルクトースという成分は果糖という糖の一種で、はちみつやメロン、ベリーなどに多量に含まれています。

このフルクトースには精子を元気にして活発にする効果があるので、男女の産み分けの手助けの向上というより、妊娠率をさらに向上させています。

子供の性別はどうやって決まるのか、その仕組み

ここまででハローベビー潤滑ゼリーについて紹介してきました。しかし、実際どのような成分がどのような効果を発揮しているのか気になりますよね。男女の産み分けの確率を向上させている秘訣を調べてみました。

子どもは親のDNAを引き継ぐ

人間には46個の染色体があります。

染色体とは遺伝の本体のDNAがヒストンと呼ばれるタンパク質に巻き付つくことでできる構造のことです。

染色体には、親の遺伝子を受け継ぎ、あかちゃんを作るための情報が入っています。そのおかげで赤ちゃんは親の肌色や髪色、瞳の色などがパパやママと同じになるのです。

そして、赤ちゃんは母親の卵子から23個の染色体、父親の精子から23個の染色体をもらうことで合計46個の染色体を得ます。

この46個の染色体は44個の常染色体と2個の性染色体(卵子と精子から1個ずつ)に分けられます。後者の性染色体が重要で、赤ちゃんの性別を決定するカギとなっています。

この産まれてくる子供の性別を決定する性染色体はさらにX染色体とY染色体に分けられます。

女性の場合持っている二つの性染色体はXX、男性はXYとなっており、この違いが男女の差を決定しているのです。

そして、先ほど説明したように赤ちゃんはお母さんとお父さんから性染色体を1つずつもらうのですが、母親がもっている染色体はどちらもXなので二つのうちどちらをもらっても変わりません。

性別が決まる要因となるのはお父さんの染色体の方で、お父さんからXをもらうと女の子、Yをもらうと男の子となります。

ここまでの説明をまとめると以下のようになります。

まとめ

お父さんからXをもらう → 女の子XX

お父さんからYをもらう → 男の子XY

違いはお父さんにもらう染色体!

つまり、男の子が欲しい場合はお父さんからY染色体をもらわなければならないわけです。

「じゃあXではなくてY染色体をもらうにはどうすればいいんだ」と思いますよね。ここで、ハローベビー潤滑ゼリーが活躍します。

膣内のpHを調整するハローベビー潤滑ゼリー

実はX染色体とY染色体には㏗値によって活動が活発になったり鈍くなるという性質があるのです。㏗というのは酸性・アルカリ性のことで、㏗が高いほど酸性が強く、低いほどアルカリ性が強くなります。

X染色体は酸性の環境に強くて活発に活動しますが、アルカリ性の場合には元気がなくなり活動しなくなります。逆にY染色体はアルカリ性の環境に強く、酸性に弱いです。

ハローベビー潤滑ゼリーはこの性質を利用しています。女の子を産みたい場合は膣内環境を酸性、男の子の場合はアルカリ性にすることで産み分けを手助けしてくれるのです。

使用方法と使用期限

ハローベビー潤滑ゼリーは1箱7本、内容量1本1.6mlで、容器の材質はABS樹脂で、使用期限は未開封の状態で2年間です。

使用方法について、使用タイミングは性交前の挿入する直前です。挿入後のタイミングでは効果が期待できなくなってしまうので使うタイミングには気を付けましょう。

使用本数は一回につき1~2本の使用が推奨されています。ハローベビー潤滑ゼリーは一本約1500円、プレミアムは約2000円と価格が高めで一度に二本使用するのは躊躇することがあるかもしれません。

しかし、産み分けの可能性は一本より二本使用した方が高くなります。

ハローベビー潤滑ゼリーの使用方法は以下の3つの手順です。

  1. 袋から容器を取り出し、キャップを引き抜きます
  2. 体をリラックスさせた状態で先端から5~8cmを膣に注入
  3. ピストンを押し潤滑ゼリーを注入します。

使用に当たっては注入しやすいように横になるのが推奨されています。また、ゼリーは漏れにくいように作られているのでゼリーが漏れるという心配はありません。

以上、ハローベビーは非常に使いやすく設計されているのでご自身でも簡単に使用することができます。また、容器の形状は細く、角のない丸いフォルムなので挿入時の痛みもありません。

本当に男の子と女の子の産み分けはできるの?

ハローベビー潤滑ゼリーの公式ホームページではハローベビーの使用によって希望通りの結果を得られたというのは78%とされていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

産婦人科医の中でも産み分けは可能とする医師と不可能とする医師で分かれているようです。

しかし、どちらの医師も今のところは100%男女の産み分けは無理と考えているようです。それにはさまざまな理由がありますが、主な理由は技術的な問題と倫理的な問題です。

男女の産み分けは技術的にはおそらくいつかは可能になると考えられています。しかし、倫理的な問題から完璧な男女の産み分けは難しいようです。

また、産み分けは不可能とする医師の意見としてよく見られるのが、「ある程度可能性が上がるだけで完全な産み分けは不可能だ」という意見でした。

注意
ハローベビー潤滑ゼリーは確実に産み分けを可能にするものではなく産み分けの可能性を高めるもの、という認識を持っておきましょう。

その他にも男女の産み分け方法ってあるの?

男女の産み分けにはハローベビー潤滑ゼリー以外にも他に方法がいくつかあります。ここではハローベビー以外の2つの方法をご紹介いたします。

まず1つ目がリンカルという錠剤を服用する方法です。このリンカルは一日4錠、二か月間毎日服用する必要があります。

2つ目の方法が排卵日の日に性交を行うことです。男の子は膣内がアルカリ性の場合に産まれやすく女の子は酸性の場合に産まれやすいことは先ほど説明したとおりです。

実は女性の膣内は細菌やウイルスが侵入しないように普段は酸性の状態になっています。しかし、排卵日はもっとも酸性が低くなるのです。

二つ目の方法ではこの排卵日に膣内がアルカリ性に近づくのを利用し、排卵日を正確に把握し良いタイミングで性交を行い、産み分けの可能性を高めます。

排卵日を利用した産み分け方法については以下の記事でさらに詳しく説明されているので気になる方はこちらもご覧ください。

男の子・女の子の産み分け!メリット・デメリットのまとめ!

2019年3月23日

まとめ

以上、ハローベビー潤滑ゼリーの使用方法やその仕組みについて説明してきました。

ハローベビーボーイとハローベビーボーイプレミアムの効果の面で大きな違いは、フルクトースという成分が追加されたという点です。

このフルクトースによって向上したのは男女の産み分け能力ではなく、妊娠率の向上です。

プレミアムの値段は従来品と比べ約2800円高いです。

この価格の上昇に対して向上された能力が妥当かどうかはわかりませんが、ハローベビーボーイ自体の値段が高めということもあるので、お財布と相談して妥当であると判断された方はプレミアムの方を購入するとよいと思います。

ハローベビーボーイの成功率について、従来品を使用してもプレミアムを使用しても成功率は約78%です。

100%の産み分けは不可能ですが、使用によって産み分けの可能性を高めることは確かにできるのでハローベビーボーイを試す価値は十分にあると思います。

また、ハローベビーボーイや他の産み分け方法は男女の産み分けの確率を上げることはできますが100%可能にするものではないという認識をもつことが大切です。

ハローベビーボーイを使った産み分けのみならず他の方法でも産み分けには夫婦二人の協力が必要です。また、子供の出産というのは家族の一大イベントです。

パートナーに内緒で使って、後で分かって喧嘩にならないためにも二人でよく話し合い相談してから使うことがよいと思います。

子供は家族の宝です。産まれてきた子が男の子でも女の子でも産まれてきた子を大切にしてあげてください。

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です