男の子の産み分けに挑戦したい!成功するための工夫や食べ物!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

私が持っていた男の子に対するイメージは、言葉が女の子より遅い、活発でも言葉で表現するのが苦手というイメージでした。

しかし、私の息子はそのイメージが全くの思い違いだと教えてくれました。

とにかくよく喋る、おしゃべり大好きな男の子です。そのマシンガントークに、やれやれと思うこと、あきれることもありますが、とても楽しいです。

進んでお手伝いしてくれるときの頼もしさと、大好きと言って甘えてくるそのギャップもたまらなくかわいいです。

今度は男の子を授かりたいと思っている方は産み分け法を試してみましょう。

排卵日を正確に特定できれば、男の子の産み分けは女の子よりも容易と言われています。

女の子が続いている方からすると、そうは思えないかもしれません。そんな方も今一度、男の子の産み分け法のポイントを確かめてみてはどうでしょうか。

男の子を産み分ける精子の特徴とは

人の性別を決めるのはDNAにある46本の染色体のうちの2本の性染色体ⅩとYの組み合わせです。

XXなら女、XYなら男ということになります。

卵子の染色体はXと決まっているので、男の子を産み分けるにはYの染色体を持った精子との受精が必要です。

男の子を産み分けるには、まずこのY精子の特徴を知り、その特徴に合わせて環境をコントロールしていきます。

Y精子の特徴
  • 酸性の環境に弱くアルカリ性の方が活発に動く
  • 寿命が短い(24時間ぐらい)
  • 数が多い
  • 泳ぐスピードが速い
  • X精子より軽い

X精子はこれと逆の性質を持っています。(X精子の特徴についてはこちらをご覧ください)

男の子を産み分けるためには、Y精子が活発に動ける環境を作ることが必要で、その環境づくりが具体的方法となります。

 

男の子を産み分けする方法

排卵日に性交をする

女性の膣内は通常雑菌などの繁殖を防ぐため、酸性の状態に保たれています。酸性の環境に弱いY精子は卵管に行き着く前に大半が死んでしまい受精の確率は低下します。

しかし、排卵日の前後はアルカリ性に傾き、Y精子が生き残りやすい状態となります。

またY精子の寿命は24時間ぐらいと短いため、卵子を待つ時間もできるだけ短くしなければならないので、排卵日を正確に把握してその当日に性交したほうがよいとのことです。

そして、その後は性交時に避妊しましょう。

排卵日の特定は、基礎体温表排卵検査薬頸管粘液の状態、オギノ式のなかの2~3つを併用して判断できます。

生理周期が不安定などの理由で、上記の方法では排卵日が特定できない時には、病院のエコー検査で排卵を確認することもできます。

基礎体温表は最低でも2~3か月続けることで生理周期や女性ホルモンの状態を把握することができます。

市販の排卵検査薬は、排卵日の1~1,5日前を判定することができます。自分が使いやすいものを選び使い慣れていた方がよいでしょう。

排卵日が近づくと膣内の粘液に変化がみられてきます。粘液を指に取って状態を観察することも目安になります。

排卵日の特定については、女の子の産み分けに詳細がありますので、こちらをご覧ください。

5日~7日ぐらい禁欲して、精子の数を増やす

男性の方が禁欲して精子の数が増えるとそれに比例して、Y精子の数が増えると言われています。(もともとÝ精子の数はⅩ精子の2倍ぐらいある)

卵管に行き着く前に、寿命が短いY精子の大半が死んでしまうことを考え、確率を高めるためにはY精数子の数は多い方がよいからです。

ただし、あまりに禁欲期間が長いと精子そのものの質が低下する恐れがあり、適度に射精する必要があります。

性交は濃厚に挿入は深めに

女性が気持ちよくなるほど、膣内にアルカリ性の粘液が分泌され、アルカリ性の方が活発に動けるY精子には有利な状態になります。

寿命の短いY精子が、少しでも早く卵管にたどりつけるよう挿入もできるだけ深くしたほうがよいということです。

男の子産み分け用潤滑ゼリーを使う

性交を濃厚にするとか、女の子の産み分け時は淡泊にと言われても、その時の体調や気分でムラがでてしまったり、性交そのものがあまり好きではない方もいるでしょう。

そのようなことから、潤滑ゼリーを使用するとよいといわれています。

男の子用の潤滑ゼリーは、膣内をアルカリ性に傾けるようになっていて、性交前に膣内に注入して使用します。

今は市販されたり、通販で買うことができます。主要な商品を挙げてみましたが、各メーカーそれぞれに衛生面、安全性に配慮されているようです。

価格だけでなく、どんな成分が含まれているのかホームページで確認して選ぶのもよいでしょう。

商品名 ベイビーサポートforboy ハローベビーゼリー ジュンビーグリーンゼリー
内容量 4.5ml×7本 6ml×7本 1.7ml×10本
価格 13,800円(税別) 10,000円(税別) 14,000円(税別)

リンカルSを服用する

もともとは胎児の先天性異常を防ぐ目的で妊婦さんが服用していたところ、産まれたのが9割以上男の子だったという症例があったことから、男の子の産み分けを望むときにも服用されるようになってきました。

しかし、医学的に明確な理由はわかっていないそうです。

栄養補助食品として販売されていて、妊娠する最低2か月以上前から妊娠が確認できるまで1日4錠を毎日飲み続ける必要があるそうです。

2日以上飲み忘れると効果がなくなり、また最初から数え直すことになるそうで、かなり気合をいれて取り組まないと継続すること自体難しそうです。

他の方法と合わせて実践することで確率をあげることができると言われています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リンカルS カルシウム加工食品 120錠 日本製 男の子産分け 送料無料
価格:15800円(税込、送料無料) (2019/2/28時点)

楽天で購入

 

パーコール法

産婦人科など医療機関で行われる精子調整法です。

Ⅹ精子がÝ精子より重いという特徴に注目したもので、専用液に精子を入れて遠心分離器でY精子とⅩ精子を選り分け、希望する方の精子を子宮に戻し、自然に受精するのを待ちます。

1回当たりの費用も高額で、上記の方法より少し確率は上がりますが、絶対確実ではありません。より分ける時に精子そのものの数が減ってしまうため、妊娠の確率も低下する可能性があります。

また主に不妊治療に使われていた方法で、女の子の産み分けに利用されていますが、男の子の産み分けには不向きとの意見もあるようです。

詳細は女の子の産み分けにありますので、こちらをご覧ください。

女の子の産み分けに挑戦したい!成功するための工夫や食べ物!

2019年2月22日

 

男の子の産み分けに良いと言われる食べ物

女性は体をアルカリ性に傾けるために、アルカリ性の食品を摂った方が良いと言われています。

アルカリ性の食品としては、野菜、果物、キノコ、海藻などが挙げられます。

男性は酸性の食品を摂ったほうが良いと言われ、肉類、魚類、卵、穀類、牛乳などが挙げられます。

そして、男の子の産み分けには、性交の20~30分前にコーヒーの摂取が有効であると言われます。

コーヒーに含まれるカフェインの効果で、Y精子の動きが活発になるとの報告があるそうで、カフェインが含まれる他の飲み物、緑茶や紅茶でもよいとのことです。

食べ物が産み分けに有効であるかは疑問の声もありますが、コーヒーの摂取は即効性も期待でき簡単に実施できそうですね。

男女の産み分けデメリットとは!排卵日との関係性を解説!

2018年10月6日

本当に男の子の産み分けって簡単なの?

そもそも、男の子の産み分けがなぜ女の子より簡単だと言われるのか疑問だったのですが、排卵日を正確に把握できさえすれば、その日に性交のタイミングを合わせるだけでよいからというのが理由のようです。

上記にある方法を全て試しても願いが叶わなかった人、特に何もせず排卵日に行為を合わせただけで成功している人もいて、産み分けの難しさと生命の神秘を感じてしまいます。

男の子の産み分けに失敗

リンカル、グリーンゼリー、産婦人科で排卵日チェック、中国産み分け式も(すがる思いで)、すべて男の子が生まれやすい条件で妊娠したのですが、お腹の赤ちゃんは次女になります。

女、女、と来たので、三人目を頑張るのが不安です。経済的に3人で終わりにしたいので、本当に次が最後となります。

男の子を授かった方、どうやったら男の子を授かりましたか?!どうか教えてください。

産み分けをしないほうが男の子を授かるのでしょうか…ストレスがダメなのでしょうか。

エッチに感じにくい&エッチが好きじゃないのも良くないのでしょうか。

だれかアドバイスください。お願いします。

〈回答1〉

確か出生率は男の子の方が1.2倍高いですよ。

エッチで感じにくい、これ結構関係あるみたいですね。

うちは男の子ですが、当たったであろう日の営みはとても濃いもの(記憶に残るくらい)でしたので。

次は女の子が欲しいので、アッサリと素早く終わらせる、と指導されていますよ。

〈回答2〉

私は生理不順ではないので排卵日を計算し、排卵日前日に中出し。

それで息子2人授かってます。

今、3人目を妊娠中ですが、生理後、特に排卵日を狙わずに中出し。女の子を授かりました!

私の場合は、たまたまだと思いますが…

引用 知恵袋

この他にもいろいろ調べてみましたが、男の子の場合男性の禁欲と、排卵日に合わせた行為で授かっている人が多いように見えました。

回答1の方が述べられていますが、厚生労働省が発表している人口動態統計表(1900年~2014年までの平均値)によると男の子の産まれる確率は女の子より2,5%ほど高くなっています。

理由はよくわかっていないそうですが、女性の平均寿命が男性より長いこと、高齢化が理由ではないかと言われているそうです。

私の場合、どちらでもよいとあまり深く考えことがないので、相談者さんのように努力しているのに叶わない方の思いは、はかりしれません。

でも切実な思いは伝わってきて、100%の産み分けは出来ないとわかっていても何とかできないものかと複雑な気持ちになりました。

 

まとめ

男の子の産み分けには、排卵日を狙って行為を行うことが一番大切で、潤滑ゼリーやリンカルの服用でさらに確率が高まると言われています。

次は男の子がいいなと気軽な思いで産み分けしたい方もいれば、周囲の人(とくに舅や姑)に跡継ぎを期待されてプレッシャーを感じている方もいるでしょう。

よく子供は神様からの授かりものと言われますが、授けられた命は男の子でも女の子でも同じように大切にされるべきです。

たとえ希望が叶わなくても妊娠して授かったことが奇跡だと考えると、きっと深く落ち込むことはないと思います。

夫婦でよく話し合い、協力しあって、どんな結果でも受け入れる覚悟で、男の子の産み分けに挑戦してもらえたらいいなと思います。

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です