ゼイゼイ、ヒューヒューと音がする!気管支喘息の可能性あり!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

咳が長く続いているのに、なかなか治らないなと感じてはおられませんか。

たとえば、胸のあたりがヒューヒュー、ゼイゼイと呼吸するたびに音がなっていたりしませんか。

呼吸をするの苦しかったりしませんか。

もし、あてはまるところがある場合には気管支喘息(きかんしぜんそく)の可能性があります。よく喘息といわれているものです。

風邪をひいたときなどにかかる病気で気管支炎(きかんしえん)があります。

気管支炎と気管支喘息はどこが違うのかな、気管支炎がひどくなると気管支喘息になるのかな、と思ってらっしゃる方もおられるかもしれません。

ところが、気管支炎と気管支喘息は全く違う病気であることをご存知でしょうか。

お子様がかかる病気で小児喘息というものもあります。できることなら、大人になる前に治してあげたいというところがママとパパの思いですよね。

お子様のためにも、気管支喘息とはどういった病気なのかみていきましょう。

 

気管支喘息(きかんしぜんそく)とは

「気管支」という鼻から肺まで空気を送る管状の臓器があります。

そこに炎症が起きて痛みや赤みなどが生じて「気管支」が狭くなってしまうことがあります。

それが原因でゼイゼイ、ヒューヒューと胸のあたりで音が鳴ったり、呼吸が難しくなったり、咳がでやすくなったりして、息苦しい症状がでるのが気管支喘息です。

気管支喘息の症状はあまりひどくはならないことが多いので幸いです。

ところが困ったことに治りにくく、症状が長びく性質があります。

 

症状

気管支喘息は突然なにかのきっかけで息苦しさを感じる発作が生じます。

息をするたびにゼーゼー、ヒューヒューといった音が一緒になります。

息を吸うよりも吐く方がたいへんで、発作がひどい時には苦しくて仰向けで寝ていられないくらい苦しいため、座って呼吸する方がラクになります。

気管支喘息は繰り返しおこりますが、人によって繰り返すパターンが異なります。

たとえば季節の変わり目に咳が始まり、そこから1~2ヵ月続く人もいれば、1年中発作が続く人もいます。

自分はどのパターンで繰り返されるのかをチェックしてみると、この病気と付き合いやすくなりかもしれませんね。

 

原因

気管支喘息は大きく分けて二つのタイプに分けられます。

アトピー型

  • ダニ
  • ハウスダスト
  • カビ
  • ペットのフケ
  • 花粉

などがおもなアレルゲンが原因で発症します。

非アトピー型

  • 風邪
  • インフルエンザ

などの気道感染、ウイルスや

  • 煙草の煙
  • 解熱剤などの薬
  • 過労
  • 不眠
  • ストレス
  • 食品添加物
  • 排気ガス
  • 気候の変化

などのアレルギー以外が原因となります。

まれにですが、解熱剤などの鎮痛剤が刺激となって発作を起こすこともあります。

 

予防方法

気管支喘息にかかっている方ののどの気道は、発作が起きていないときも炎症が続いています。

そのため、発作がおきていないときにも予防薬を継続的に使用して炎症を抑えることが大切です。

他には風邪やウィルスによって発作する場合もありますので、免疫力を高めるような生活習慣が大事です。

禁煙したり、体力作りにウォーキングなど軽い運動をしたり、食事でしっかり栄養を取って規則正しい生活を送ってみましょう。

のどを冷やしたり乾燥させることもよくないといわれています。

なぜなら、のどの冷えが肺全体まで伝わることで発作がおきやすいといわれているからです。

首にタオルを巻いたり、外出時にはマフラーやネックウォーマーでのどの冷えを防いでみてはいかがでしょうか。

また、こんな経験談もあります。

睡眠中を含めて鼻呼吸
全身の血行をよくするといわれる爪もみ
睡眠時間の確保
定期的に体を軽く動かす
冷えに気をつける

 

365日寝てる時もマスクしてます。
外すのは食べる時飲む時
風呂、歯磨きの時だけ
としてます。
寒暖の差でも発作や
咳出ますから
そこら辺も気を付けてますねー

引用:知恵袋

 

気管支炎と気管支喘息はどう違うの

気管支炎と気管支喘息は症状が似ていることがおおいです。たとえば、激しい咳が出たり、息切れしやすくなったり、痰が絡んだりします。それでは、同じような病気なのかなと思いがちになりますが、実は全く違う病気です。

気管支炎が悪化したら喘息になると聞いたことがあるかもしれませんが、その認識は間違いだといわれています。

  気管支炎 気管支喘息
原因

細菌、ウィルス

(家庭内での掃除機の排気、喫煙、屋外での排気ガスなど)

アレルギー、遺伝的要素

(人体に害を及ぼさない物質にまで過剰に免疫機能が反応する  

例:そば粉、はちみつなど)

呼吸音 なし 胸の辺りから「ヒューヒュー」という音あり
発熱の可能性 あり なし

 

合併症

気管支喘息は、アレルギー性の病気が多いので、気管支喘息以外にも病気を合併している場合が珍しくありません。

代表的な例だと

  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹(じんましん)

などです。

上記のような病気を合併している場合には、気管支喘息以外の病気の治療も積極的に行うことも重要といわれています。

なぜかというと、気管支喘息の症状をコントロールするために、他の病気の治療も積極的に行うことで、症状を良い方向へコントロールすることにつながると考えられています。

両方の病気が両方とも良い方向へむかうとしたら、とても素晴らしいと思いませんか。

 

小児喘息

小児の場合、多くが年齢とともに

アトピー → 気管支喘息 → アレルギー性鼻炎

の順に発症していきます。

これをアレルギーマーチといいます。

小児喘息の発作の強さは、症状によって重症度を分けます。

小発作

呼吸困難はあまり起こらず、食べたり眠ったりを普段通りできる状態です。

中発作

ヒューヒュー、ゼイゼイという音がはっきり聞こえるます。眠っていても夜に目を覚ますことがあり、食事もとりにくい状態になります。

大発作

呼吸困難が激しくて日常生活が送れないほどになります。前かがみになって息をしたり、苦しくて眠れなくなり食事もとれなくなってしまう状態です。

小児喘息の多くは5歳までに発症すると言われていますが、身体が成長して体力がついてくるとともに小学校高学年の頃には自然に症状が治まっていくことが多く、7割の子どもが小学校の間に完治します。

小学校の間に完治してくれると安心ですが、困ったことに3割の子供ははそのまま成人の喘息に移行するといわれています。

またはこんな可能性もあります。発作が起きなくなって何年かたった後、成人して働き出してから再発することもあります。

成人してから再発した場合は再度治療をうけることになりますが、できるだけ幼いうちに適切な処置をうけるようにして、完治させておいてあげたいですね。

 

まとめ

気管支喘息はダニやハウスダストなどのアレルギーが原因であるものと、風邪などによるウィルスや気道感染が原因で発作がおきるもの二パターンがあります。どちらか、あてはまるものがありましたでしょうか。

お子様が小児喘息にかかった場合にはママやパパは心配になると思います。

でも、成人する前に完治する可能性も高いのです。そのため、ママやパパはあきらめずに医療機関で適切な治療を子供にうけさあせてはいかがでしょうか。

気管支炎とは違って発熱はありませんので安心ですが、咳などの症状が悪化はしなくても長く続くことが多いので1度発作が起きたら長い目で症状と付き合っていくことになります。

1度収まっても再発することも多いので、再発予防にお薬をのんだりして治療を続けていきましょう。

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です