「エマムール」赤ちゃんの睡眠にはおくるみがおすすめ!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

赤ちゃんがなかなか寝ない。寝たと思ってベッドに置いたらすぐに泣く。なんて事は、赤ちゃんあるあるですよね。

私の一人目の子供も新生児だった時は、なかなか寝てくれませんでした。というよりも、なかなか寝かせられなかったんですよね。

二人目の時は、割りとすぐに寝かせられました。慣れていたのもありますが、多分1番の違いはおくるみだと思います。

赤ちゃんが寝てくれなくて困っているお母さん、夜中に車を走らせて寝かしつけているお母さん。

そんな方々に赤ちゃんがスヤスヤ寝てくれる方法をご紹介しちゃいます。

 

赤ちゃんの睡眠

赤ちゃんの睡眠ってどいういものなんでしょうか。

新生児の頃は3時間~4時間ごとにお腹がすいて目を覚まします。ねむりが浅く少しの音で起きてしまうこともあります。昼夜の区別がなく、生活リズムも整っていないので、その日によって起きる時間や寝る時間が違います。

生後3ヶ月~4ヶ月頃にだんだんと昼夜の区別がつき、昼間より夜の方がよく寝るようになります。まだ夜中の授乳やミルクが必要な赤ちゃんもいます。この頃に生活リズムを整えるように意識することで、より夜中に寝てくれるようになります。

9ヶ月~12ヶ月頃になると日中の活動が盛んになり、生活リズムが整ってきます。寝る前にしっかりと授乳して、夜中にお腹を空かせないようにすることも大事です。

成長によって睡眠の時間や質が変わってくるし、個人によってもよく寝てくれる赤ちゃんもいれば寝てくれない赤ちゃんもいますね。

私の場合、一番寝かしつけが難しかった時期は新生児の頃でした。授乳が終わり寝かしつけようと抱っこしていても、なかなか寝てくれませんでした。おむつかな、気温かなと色々と試行錯誤しながらひたすら抱っこしていました。

ひたすら抱っこするのは肉体的にもキツイし、睡魔にも襲われてだんだんとイライラし始めるし辛いですよね。

寝かしつけのコツ等をひたすらネットで検索していました。そんな時に、おひなまきという言葉を見つけ思い出したんです。

 

おひなまきとの出会いと戦い

おひなまきとは、赤ちゃんをおくるみにくるんでお雛様の様な状態にする事です。そうする事で、赤ちゃんはお母さんの体内にいるような感覚になり、安心して眠れるそうです。

よくよく考えてみたら赤ちゃんは10ヶ月もの間、割と狭いお母さんのお腹の中にいますよね。それなのに、いきなり手足が自由になったらびっくりして眠れないのも納得できますよね。

実際のおひなまきがこちら。

私が初めておひなまきを見たのは、一人目を出産した病院でした。

赤ちゃんを抱っこするのも初めてだった私には、軽くて小さい我が子を横抱きにするのが精一杯で、寝かしつけるなんてできませんでした。

そんな時に、看護師さんがおひなまきをしてくれて衝撃を受けました。

「さっきまで泣いていたのに、大人しくなってベッドに置いても泣かない!これを覚えて帰れば楽勝じゃん!」私は希望の光を見いだしました。

ですが、実際はそんなに上手くいきませんでした。

家に戻って早速実践してみると、色々と問題がでてきたんです。

  • 適当な大きさの布がない

私の病院ではバスタオルを使用していました。ですが、バスタオルといっても大きさは様々ですよね。小さすぎたらくるめないし、大きすぎても余った布がかさ張ってくるみにくかったです。

  • 適当な素材の布がない

市販のおくるみの素材ってガーゼやレーヨン等色々ありますよね。私はガーゼのおくるみを一枚持っていたので、それで挑戦していました。しかし、素材が柔らかいのと、薄いおくるみだったので赤ちゃんの連続キックで徐々にほどけてしまってました。

  • そもそも暴れてる赤ちゃんをくるめない

本当は大きさや素材なんて関係なく、全ては私が不器用だったからかもしれません。しかし、初心者におひなまきは難しいと思うんですよね。

動画では大人しい赤ちゃんが映っていますが、実際は泣いていて手足に力がはいっています。赤ちゃんへの力加減がいまいち分かっていない私には難易度が高かったです。

慣れてしまえばどんな布でもできるのかもしれませんが、慣れるまで赤ちゃんは大人しく待ってくれませんよね。

そんな問題を解決してくれるのがエマムールというおくるみです。

 

エマムールの特徴

エマムールの使い方はこちら。

適度な締め付けが調節できる

エマムールには足を入れる場所があって、あらかじめ帯も付いています。ですので、少々バタバタしてる赤ちゃんでも布が崩れる事なくさっとくるんであげられます。帯は手のひらが入るぐらいのキツさで巻いてあげるのがいいみたいです。

これでモロー反射も防げます。モロー反射とは音などの外からの刺激に対してびくっとしてまう反応の事をいいます。モロー反射によって、さっきまで寝ていたのに泣いてしまうということもこれで少なくなるのではないでしょうか。

通気性の良い素材

赤ちゃんの体温って高いですよね。乳児期の赤ちゃんの平熱は一般的に、36.5度~37.5度と言われています。汗もよくかくみたいです。くるんでいるうちに温かくなりすぎないよう注意しないといけません。

エマムールは通気性がよく、蒸れにくい生地を使っているので、おくるみの中を適度な温度と湿度に保ってくれます。

赤ちゃんは1歳ぐらいまでは体温の調節が未熟です。体温調節ができない赤ちゃんの為に温度と湿度には気をつけてあげたいですね。

雑菌が繁殖しにくい

エマムールは吸湿性に優れているので、雑菌が繁殖しにくいです。雑菌は匂いの素になります。半年間使用したエマムールを匂い探知器で測定した結果は0だったそうです。

赤ちゃんは抵抗力も低いので、なるべく清潔なものでくるんであげたいですよね。もちろん丸洗いもできますので、安心して使えますね。

肌触りがいい

エマムールは、無地のパイル生地とボーダーコットンの両面で出来ています。どちらも綿100%でとても肌触りがいいです。抱っこするお母さんもくるまれる赤ちゃんもどちらも満足できます。

綿は赤ちゃんの肌着でもおすすめされている生地です。肌がデリケートな赤ちゃんには、おくるみも気持ちいいものがいいですね。

リバーシブルで使える

リバーシブルで使えるので、万が一中がちょっと濡れても裏返して使えるようになっています。気分で表と裏を使い分けてもいいと思います。

 

エマムールの口コミ評価

エマムールを実際に使った方からの評価をご紹介します。

  • 上の子も寝ぐずりがひどかったのでこんなものかと思っていましたが、ダメもとで使ってみたところ毎日寝かしつけがとっても楽になりました。友達にもすすめます。
  • 夜ぐずらずすんなり寝るせいか昼間も機嫌がいいです!いい買い物しました。
  • リピート購入。毎日昼夜使うので洗い替え必須。
  • 始めは違和感があったのか少し嫌がる感じでしたがすぐに慣れたみたいです。久しぶりに自分もゆっくり眠れて幸せでした。

引用:エムマール

このように多くの方が評価しています。その数なんと89%の方が満足しているという結果が出ているんです。

 

まとめ

赤ちゃんをスムーズに寝かしつけられると、お母さんの育児ストレスも大幅に軽減できますよね。

エマムールなら難しいおひなまきをマスターしなくても、赤ちゃんを寝かしつけられます。もちろんおひなまきなんて簡単という方には、バスタオルでも大丈夫です。

おくるみ卒業の時期は特に決まっていません。一般的にはモロー反射が落ち着く生後3ヶ月~4ヶ月頃と言われています。赤ちゃんが自力で抜け出そうとして嫌がっているサインを見せたらやめ時です。

おくるみを上手に使って育児を楽しみましょう。

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です