アレルギーがもたらす現代病!気管支喘息とは何か!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

皆さんは子供が風邪をひいたとき、激しい咳が続いてなかなか収まらず、心配になったことはありませんか?

特に夜間、激しく咳き込んで眠れない様子の子供をみていると辛いですよね。

もし子供が咳をしている時には、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」と音がしていないか注意してみましょう。

気管支喘息に見られる症状の一つだからです。

特にアレルギーがあると子供も大人もなりやすい病気です。

気管支喘息とは何か、その症状や治療法を知り、早めの治療につなげていきましょう。

 

気管支喘息とは何か?

気管支喘息とは、アレルギーなどにより空気の通り道(気道)に炎症がおきて通り道が狭くなってしまう病気です。症状が無くても常に炎症を起こしているので、そこに何らかの刺激が加わると更に気道が狭くなり咳や痰、息苦しさなどの症状(発作)が起きます。

1960年代には、大人、子供共に約1%前後の患者数でしたが、今現在は大人で約3%、子供で約6%、全体で400万人超と患者数は増加傾向にあります。

気管支喘息を発症させる要因としては、家屋構造の変化によるアレルゲンの増加や排気ガスや工場排煙にによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスの増加などが考えられています。

子供の場合、両親が喘息であると発症のリスクは3~5倍になると言われ、また原因の大半はアレルギーによるものと言われています。

 

気管支喘息の症状

気管支喘息の症状はさまざまあり、発作は夜間や早朝に起こりやすいのが特徴です。

  • 息苦しい
  • 咳き込む
  • 呼吸時にヒューヒュー、ゼーゼーという音がする(喘鳴・ぜんめい)
  • 胸の痛みや、のどに感じる違和感
  • 走ったり運動した後息苦しい
  • 症状のため、夜間目が覚める

夜間、早朝以外で発作が起こりやすいとき

  • 季節の変わり目で、気温差が激しいとき
  • 天気がよくないとき、変わりやすいとき
  • 疲れているとき
  • 風邪をひいたとき
  • 発作を引き起こす刺激に触れたとき(タバコ臭、線香の煙、強い臭いなど)

上記のような症状が見られたら、一度は病院を受診してみましょう。そのまま放置していると気道の炎症が悪化して発作が起きやすくなり、症状が重くなるからです。

私の知人は症状が出てから10年ぐらい放置した結果、仕事中に発作が起きることが頻繫になり、ようやく専門医を受診して喘息と診断されたとのことでした。今は毎日服薬して症状は落ち着き、もっと早く受診すればよかったと思っているそうです。

 

気管支喘息の治療と予防

治療について

気管支喘息は薬物で治療します。治療薬は大きくわけて2種類あります。

①発作をしずめる薬(発作治療薬)

②発作が起こらないように毎日継続する薬(長期管理薬・コントローラー)

①は発作が起こった時だけ使用する薬で、②は毎日続ける薬です。気管支喘息の治療では②の長期管理薬で発作を起こさないよう予防していくことが大切です

治療薬の形状は、内服薬、吸入薬、貼り薬、注射薬などさまざまあり、目的や患者の好み、年齢などに応じて使いわけられるのですが、主流は気道に直接届き、少量で効果が得られる吸入薬となっています。

また近年、薬物治療のほかに「運動療法」が注目されています。毎日の薬で状態が安定したうえで、適度な運動をすることにより心肺機能を高め、基礎体力を向上させることによって発作をおこりにくくするというものです。

おすすめの運動として、水泳、ウォーキング、サイクリングなどが挙げられます。ただし、冬場は空気が冷たく乾燥しており、発作が出やすくなるのでマスクを着用するなど注意が必要です。

この他に、自然療法としてアロマテラピーがあります。市販されている胸に塗布するクリームもその一例ですが、本格的な精油を使用すると呼吸器系に直接作用するので、効果が期待できるようです。マージョラム、クラリセージ、ローマンカモミール、ユーカリ、ローズマリーなどが挙げられます。

喘息の咳に限らず風邪をひいて咳がひどい時などにも使用でき、香りを楽しむこともできるので、機会があれば試してみたいですね。

予防について

予防としては、発作を起こす刺激となるものを遠ざけることが必要です。刺激となるものには、アレルギー反応をおこす「アレルゲン」と、アレルゲン以外のものがあります。

アレルゲン(主なもの)

  • ダニ
  • ハウスダスト
  • ペット(毛やフケ)
  • 花粉
  • 真菌(カビ)

アレルゲン以外

  • タバコ
  • 薬(解熱剤や鎮痛剤)
  • 風邪、感染症
  • 過労、ストレス
  • 運動
  • 汚れた空気(排気ガス、光化学スモッグなど)
  • 天気や気圧の変化

日々の掃除や環境を整えることで、ある程度避けることができるものとそうでないものがあり、実際はどれか一つでなく幾つかの刺激が絡み合って発作が起こるとのことで、喘息と診断された時には、やはり毎日のお薬でコントロールすることが大事になってくるようです。

そしてストレスとは切っても切れない現在では、過労とストレスから喘息になりやすいタイプの人がいます。(必ずではありません)

なりやすいのは、消極的な人、几帳面な人、神経質で完璧主義の人、他人に合わせて自分を抑えてしまう人に多く、人に頼まれたらノーと言えない人、困っても悩みをうちあけられない性格の人も喘息が悪化しやすいそうです。

ストレスを完全に避けることはできません。自分に当てはまっていると思う方は、自分に合ったストレス解消法をみつけ、ストレスを溜めないようにしていきましょう。

また、大人だけでなく子供もストレスで喘息を悪化させることがあります。

家庭や学校で問題があり、急性のストレスから喘息発作を起こす割合は、通常時の2~3倍になるそうです。

この他に、食べ物が発作をおこす原因になることがあります。

注意が必要な食べ物

  • 冷たいもの: 気道が刺激される。
  • ハム・ソーセージ・チーズ: 防腐剤、合成保存料、発色剤が多く含まれ、アレルギーの原因になる。
  • たまご・牛乳・大豆などのアレルゲン食物:アレルギーの原因になる。
  • なす・ほうれん草・たけのこ:含まれているヒスタミンやアセチルコリンが気管支粘膜を刺激したり気道を収縮させる。
  • メロン・グレープフルーツ・マンゴー:発作を誘発する可能性がある。

アレルゲン食物以外は、少量であれば問題なく食べ過ぎに注意したほうがよいということです。

逆に、喘息に良いとされるものがあります。

喘息に良い食べ物

  • ブロッコリー:スルフォラファンという成分が気道の炎症を抑える。 
  • ゆり根:多く含まれた糖質とタンパク質で滋養強壮効果あり。スープがおすすめ。
  • 大根とはちみつ:大根の抗菌作用、はちみつは炎症を抑え免疫力をあげる。大根のおろし汁にはちみつは王道。
  • しそ:ロズマリン酸がヒスタミンの遊離を抑制し、ルテオリンが免疫過剰を抑える。食欲増進効果もあり。
  • 黒豆:別名「喘息の妙薬」煎じ汁が一番よい。

そして、食事の時に水分を多くとることが大事です。水分をとることで副交感神経が活発になり、痰の粘りがなくなることにより咳が軽減されるからです。

 

まとめ

気管支喘息は、アレルギーと共に現代病と呼べそうなほど患者が増えている身近な病気と言えるでしょう。バランスの摂れた食事や、適度な運動とストレスの解消で、発作を抑えたり、悪化を防ぐことができます。

子育て中の方は子供の不調には敏感でも、自分のことはつい後回しにしてしまうことが多いのではないでしょうか。

気になる症状があれば早めに病院へ行き、症状が重くなる前に適切な治療を受けましょう。

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です