栄養って何?栄養の基本知識と栄養を効率よく取れるチアフルマム!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

スーパーフードなど体に良い食べ物がよくテレビなどで、「この食べ物のこの栄養素が体に良い」と紹介されることがあると思いますが、そもそも栄養素とは何なのでしょうか。

漠然とは分かっていてもよくは知らないという方も多いと思います。

この記事では栄養素とは何なのかということについてと、妊娠中に取った方がよい栄養素、さらに妊娠中には避けた方が良い栄養素などについてもご紹介していきます。

ぜひこの記事を読んで栄養素について詳しくなってください。

 

栄養素とは

まず栄養素にはその役割によって、1エネルギーになるもの2からだをつくるもの3からだの調子を整えるもの、の大きく3つに分けられます。

エネルギーになるもの

エネルギーになるものは主に糖質(炭水化物)や脂質です。糖質の摂取量が足りない場合などにはたんぱく質が分解されてエネルギー源になります。

このエネルギーは体を動かし運動をするときや、臓器を動かして生命活動を維持するために使いますが、必要な活動量より多くの糖質や脂質をとると、残りは体に蓄えられ、脂肪になります。

炭水化物の食べ過ぎなどが太る原因となるのはこのために起こるんですね。

からだをつくるもの

次に、からだをつくるものは主に筋肉や髪、爪などをつくるたんぱく質、骨や歯をつくるミネラル、細胞の一番外側にある細胞膜などをつくる脂質、の3つです。

中でも最も重要なのはたんぱく質で、たんぱく質は体のすべての部分を作ることに関係しています。

からだの調子を整えるもの

最後に、からだの調子を整えるものは主にビタミンとミネラルです。これらの栄養素によって体温を調節する、体内で必要な物質をつくる、神経の働きにかかわる、などして体の状態が一定に保たれています。

また、からだの調子を整える栄養素は一部のビタミンを除いて、体内でつくることができない物質なので、必ず食事などによって体外から取り入れる必要があります。

その他の栄養素

以上、栄養素の大まかな分類について説明してきましたが、みなさんがよく聞く栄養素とはミネラルやビタミンといったものなのではないでしょうか。

それらはからだの調子を整える栄養素に分類されますが、具体的にはどのような種類があり、どのような効果をもたらしてくれるのでしょう。

次はミネラルやビタミンなどの種類とその効果についてご説明します。

 

ミネラルとビタミン

ミネラルとビタミンについて、よく健康食品やサプリなどで使われる種類や効果は次のようなものです。

ミネラルの種類と効果

 

  • カリウム 血圧を調整して、体内の状態を一定に保つ。血圧を下げる。
  • カルシウム 99%は骨と歯、1%が血液などの体液や筋肉にあり、この1%が出血を止めたりする。
  • マグネシウム エネルギーを作るのを助ける。血圧の維持。
  • リン エネルギーを作り出すのに必須。
  •  ヘモグロビンの成分。呼吸で取り込んだ酸素と結びつき、酸素をからだのすみずみに運ぶ
  • 亜鉛 たんぱく質の合成。遺伝子を伝えるDNAの転写にかかわる。
  •  不足すると貧血になる。
  • マンガン 抗酸化作用のある酵素などさまざまな酵素を活性化する栄養素

 

 

ビタミンの種類と効果

 

  • ビタミンA  発育促進、お肌の健康維持、粘膜を活性化させて細菌から体を守る。
  • ビタミンB1  糖質からエネルギーをつくることを助ける。これが不足すると脚気になる。
  • ビタミンB2  主に皮膚と粘膜の健康維持を助ける。糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える役割を持つ。よく動く人ほど多く必要になる。
  • ビタミンC  コラーゲンを作るのに必須。ストレスによい。動脈硬化や心疾患の予防。
  • ビタミンD  丈夫な骨を作る役割。
  • ビタミンE  動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患の予防。
  • ビタミンK  出血した時に血を固まりやすくする。骨を作ることを促す。
  • βカロテン  ビタミンAと同じ効果。免疫力をあげる。
  • 葉酸  胎児の正常な発育。不足すると貧血を起こす。

 

 

以上がミネラルとビタミンのおおまかな効果です。非常にたくさんの種類がありますね。

よくミネラルという言葉は聞きますが、それ自体が具体的な栄養素というわけではなく、ミネラルには数多くの種類があります。それぞれ効果が異なるので、今後はミネラルという言葉を見た時にその商品に使われているミネラルにも注意すると良いかもしれません。

ビタミンにも数多くの種類がありますが、こちらもそれぞれ持つ効果が大きく変わるので各ビタミンのおおまかな効果を覚えておくと役立つことがあるかもしれません。

ここまでで、からだの調子を整える栄養素であるミネラルとビタミンの種類とそのおおまかな効果について説明してきました。

次のトピックでは先ほど説明した栄養素の中から特に妊娠時に取った方がよい栄養素、また取りすぎに注意な栄養素について紹介します。

妊娠中の方や子供が欲しいと考えている方はきっと役に立つのでぜひ見ていってくださいね。

 

妊娠時に取った方がよい栄養素と取りすぎ注意な栄養素

現在妊娠中の方やこれから子供が欲しいと考えている方にとって、赤ちゃんのために取った方がよい栄養素と取りすぎ注意である栄養素についてはとても気になることだと思います。

妊娠時に取った方がよいといわれる栄養素は主に以下の6つです。

妊娠時に取った方がよい栄養素

  • 葉酸 多く含まれる食品:枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜など
  • カルシウム :牛乳、小魚、海藻など
  • 鉄分 :肉(特にレバー)、魚、緑黄色野菜など
  • 亜鉛 :魚介類(特にかきやうなぎ)
  • たんぱく質 :肉類(特に赤身)、魚介類、大豆製品、乳製品

 

葉酸は妊娠初期に摂取することで赤ちゃんの二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発生リスクを下げる効果があります。国も妊娠中の女性に対して葉酸を摂取することを推進しています。

また、葉酸は体内にためておけない不足しがちな栄養素です。

葉酸についてはこちらの記事でさらに詳しく紹介しているので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

葉酸と妊娠の関係は?妊娠中期も葉酸摂取が必要な理由について!

2019年3月23日
 

カルシウム

カルシウムについて、カルシウムは骨や歯を作るのに重要な成分であるため、赤ちゃんの体を作るのにとても重要な栄養素です。

そのため、妊娠中は赤ちゃんの成長にカルシウムを多く使うこととなり、足りない場合には母体の骨を溶かして補うこともあるようです。

なので、妊娠中は妊娠していない時よりも多く摂取する必要があります。

鉄分

鉄分について、妊娠中は貧血になりやすいため多く摂取する必要があります。

また、鉄分と聞くとレバーを思い浮かべると思いますが、実は緑黄色野菜や海藻など鉄分を含む食品は多くあります。

また、緑黄色野菜や海藻などから得られる鉄分より、肉や魚から得られる鉄分の方が吸収しやすいです。

さらに、鉄分単体では吸収されにくいので、ビタミンCや葉酸などと一緒に摂取することで吸収されやすくなります。

亜鉛

亜鉛について、亜鉛はたんぱく質を作る役割を持ち、胎児の脳や脊髄などの中枢神経系の発達にかかせない栄養素で、妊娠初期から中期にかけて多く摂取する必要があります。

しかし、亜鉛の過剰摂取は鉄分の吸収を妨げてしまうので注意が必要です。

たんぱく質

たんぱく質について、たんぱく質は体を作る主成分であるので胎児の成長に非常に重要な役割を持つ栄養素です。

しかし、普通の食生活を送っていれば十分に摂取できるので不足する心配はありません。たんぱく質を摂取する際には量というより質を意識すると良いでしょう。

次に、とりすぎ注意な4つの栄養素を紹介しますね。

妊娠時にとりすぎ注意な栄養素

  • 水銀 多く含まれる商品:魚
  • ヨウ素 :海藻類(特に昆布)
  • ヒ素 :ひじき
  • ビタミンA :緑黄色野菜、うなぎ、レバー
  • カフェイン :コーヒー、緑茶

水銀

水銀について、水銀の過剰摂取は胎児の発達に悪影響を与えます。

水銀といえば四大公害病の一つである新潟水俣病などを連想する人も多いと思いますが、そんな危険な病を引き起こす水銀を摂取などするわけがないと多くの人が考えているのではないでしょうか。

しかし、身近な食べ物の魚には、少量ではありますが食物連鎖によって自然界に存在している水銀が取り込まれることがあります

過度に心配する必要はありませんが、魚をよく食べるという人は妊娠中の摂取量には気を付けてください。

ヨウ素

ヨウ素について、要素の過剰摂取は赤ちゃんへホルモンを分泌する、甲状腺の機能を低下させるといわれています。日本人の食生活では昆布を使用することも多いので摂取許容量を超えないように注意が必要です。

ヒ素

ヒ素について、ヒ素は健康に被害を及ぼす成分であり、妊娠中でなくとも過剰摂取には注意が必要です。

また、日本人はヒ素を多く含むひじきをよく食べますがフランスなどではヒ素を多く含んでいるため、ひじきを食べないようにしているそうです。

ビタミンA

ビタミンAについて、ビタミンAは普段の生活でも妊娠中でも必須の栄養素ですが、妊娠初期のビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があるといわれています。

故に、取りすぎず適切な量を摂取する必要があります。

カフェイン

カフェインについて、意外かもしれませんが、カフェインの摂取は胎児の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

過度な心配は必要ありませんが、一日の飲む量を1.2回にするなど気を付けてください。

また、アルコールはもちろんですが食中毒なども胎児の発達に悪影響を与えるので注意する必要があります。

 

栄養素を取り入れる方法

先ほど妊娠時に取った方がよい栄養素についてご紹介しましたが、中でも葉酸、亜鉛、鉄分などは野菜に多く含まれています。

なので、「これらの栄養素を取り入れるには野菜をたくさん食べればいいのか!」と考えると思います。

普通に生野菜や料理をたくさん食べるという方法もありますが、そのような方法だと食べる量がとても多くなってしまいます。

例えば、一日に摂取した方がよいといわれている野菜の量は350グラムといわれていますが、かなりのボリュームがあり、何の工夫もせずに食べるとかなり大変です。

よって、効率的に栄養素を摂取するには何らかの工夫が必要となります。ここでは効率的に摂取する方法としてチアフルマムという商品をご紹介します。

 

チアフルマムとは

チアフルマムは森下薬農園という鳥取県に本社を持つ会社が販売しているスムージーで、他にもたんぽぽ茶や鳥取はとむぎ茶など健康や美容に良い飲み物などを販売しています。

チアフルマムをおすすめする理由

チアフルマムをおすすめする理由は以下の4点にあります。

チアフルマムをおすすめする4つの理由

  • 国産無添加である
  • 妊娠中に必要な栄養素がとれる
  • スーパーフードを使用していてビタミン・ミネラルが豊富
  • 飲みやすく、おいしい

国産無添加である

食品添加物とは加工や保存、味付けをするときに使う調味料、保存料、着色料を指し、無添加とはこれらが使われていないことを表しています。

近年では食の安全性について敏感になっている方も多いと思いますが、チアフルマムは国産の食品を使用しており、添加物は使用していないので安心して飲めます

妊娠中に必要な栄養素がとれる

妊娠中に必要な栄養素である葉酸亜鉛ビタミンCを摂取することができます。ビタミンCが妊娠中に良いとされる理由は鉄分を吸収しやすくすることにあります。

チアフルマムを飲むことで妊娠中に良いとされる栄養素である葉酸、亜鉛、ビタミンCが一緒にとれます。

スーパーフードを使用していてビタミン・ミネラルが豊富

スーパーフードを使用していてビタミン・ミネラルが豊富であることについて、スーパーフードとは一般的な食品よりビタミンやミネラルなどの必須栄養素や健康成分を多く含む食品のことをいいます。

有名なものではカカオやアサイー、チアシードなどがスーパーフードと呼ばれています。アサイーやチアシードなどは健康に良い食べ物としてよく耳にするという方も多いのではないでしょうか。

このスーパーフードを使用していることで、チアフルマムを飲むと妊娠中に必須の栄養素だけでなく健康に良いとされる栄養素も同時に取り入れることができます。

飲みやすく、おいしい

飲みやすさ・おいしさについて、チアフルマムは粉末を水などに溶かしてスムージーのようにして飲む商品です。

体に良いスムージーと聞くと「苦くて飲みにくそう」とイメージする方もいるかもしれませんが、チアフルマムの味はフルーツジュースのような甘い味でとても飲みやすくおいしいです

また、水だけでなく豆乳や牛乳などに溶かして作ることもできるので、いろいろな味で楽しむこともできます。

以上、チアフルマムの良いところについて紹介してきました。チアフルマムは多くの必須栄養を一度に摂取でき、栄養素を取り入れる方法として非常におすすめです。

では、値段はどうでしょうか。

チアフルマムの値段

チアフルマムの値段

  • 粉末タイプ1袋(20日分)7560円
  • 2か月ごとに3袋(60日分)が届く2か月定期コース9800円

となっています。普通に1袋買うと7560円と高いですが、2か月定期コースにすると1袋およそ3300円になるので非常に安くなります。

なので、チアフルマムを使用する場合は初めから長期間使用すると決めて、2か月定期コースを購入する方がお得です。

まとめ

以上、栄養素とその摂取方法などについて説明してきました。

栄養素はその役割によってエネルギーになるもの からだをつくるもの からだの調子を整えるもの、の大きく3つに分けることができます。

また、よく体に良い栄養素として聞くミネラルやビタミンはからだの調子を整える栄養素に分類されます。

ミネラルやビタミンには多くの種類があり、それぞれによってもたらす効果が異なります。

そして、ミネラルやビタミンの中には葉酸などの妊娠時に取った方がよい栄養素と水銀などの取りすぎ注意な栄養素が存在するので、妊娠中の方は注意が必要です。

葉酸など妊娠時に取った方がよい栄養素を効率的に取り入れる良い方法としておすすめなのが森下薬農園が販売しているチアフルマムというスムージーです。

おすすめの理由には国産無添加で安全なこと、他の体に良い栄養素も一度に摂取できることがあります。

また、チアフルマムは普通に1袋購入するよりも2か月定期コースでまとめて3袋買った方が半額以上安くなるので、チアフルマムを利用する際は長期的に使用すると決めてまとめ買いする方が経済的です。

この記事を読んで栄養素についての基本的な知識や妊娠時に気を付けるべき栄養素について詳しくなっていただければ幸いです。

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です