妊婦さんに大切な葉酸サプリ!なんでこんなに価格が違うの?

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

妊娠生活をいかがお過ごしですか?妊活中の方や妊婦さんになるととっても気になるのが、「葉酸」ですね。そして、調べると葉酸のサプリについてたくさん出てきますし、どれが本当に良いのかなかなか絞れませんよね。「なぜ、こんなに価格が違うのか。」葉酸サプリについていろいろまとめてみました。

 

なぜ葉酸は大切なの?

葉酸不足が続くことで、葉酸欠乏症の発症リスクとなり、母体と胎児にさまざまな健康リスクを引き起こす原因となります。

母体の場合には、体内の臓器形成や造血作用への影響、動脈硬化による血管リスクなどが挙げられます。
胎児の場合には、必要な栄養が引き渡らず、そのため身体の臓器がちゃんと作れずに臓器形成の阻害や「神経管閉鎖障害」という先天性異常が発生する可能性などがあげられます。

特に、妊娠初期に葉酸が不足した場合に、胎児の脳や脊髄などの中枢神経に異常が生じ、脊椎が外にでてきてしまう「二分脊椎症」、頭蓋骨と大脳が欠損した状態の「無脳症」などが発生するリスクがあることが厚生労働省から報告されています。

めまいや立ち眩みなどの症状が続く場合は、葉酸不足が原因であることも考えれられるため、食事とは別で栄養補助食品などから葉酸補給できているのか見直すことも大切です。

上記にあるように代表的に言われるのは、先天性異常が発生する可能性です。日本は海外に比べると対応が遅いと言われています。

厚生労働省も諸外国の成果をみて、ようやく日本も「神経管閉鎖障害」の低減に力を入れ始めたのですが、すでにかつてのように日本は「神経管閉鎖障害」の低い国とは言えない状態になってしまっています。

現在でも対策の進んだ諸外国と比較すると日本の「神経管閉鎖障害」低減の対策は10年以上は遅れていると言われているのです。

赤ちゃんの成長過程には葉酸は大切な栄養素ですね。海外と日本との対応の差にもこんなに違うとは思いませんでした。サプリを上手に摂取することで赤ちゃんの成長を手助けできるので、葉酸サプリも活用して摂取していきましょう。

引用:現役医師監修の葉酸110より

 

妊娠時の葉酸の推奨摂取量は?

【厚生労働省が推奨する葉酸摂取量】

 

摂取量(μg) 

 

食事から

サプリから

妊活中

240

400

妊娠中

480

400

妊娠中は妊活中の約2倍の葉酸を食事から摂取することが推奨されています。サプリと合わせると、約880μgの葉酸摂取が必要なのです。なお食事とサプリから取れる葉酸はそれぞれ種類(型)が異なるため、どちらからも摂取することが理想とされます。種類が異なるとは、モノグルタミン酸型の葉酸には『食品から抽出したもの』と『化学合成から抽出したもの』の2種類があります。葉酸サプリには『天然』と『合成』があり、合成はモノグルタミン酸という間違えた認識をしている方が多いです。ですが、葉酸サプリは全て吸収率の良い『モノグルタミン酸型』であり、食事性の天然葉酸は栄養補助食品やサプリには含まれていないとされています。

引用:現役医師監修の葉酸110より

 

葉酸サプリの価格の違う理由は?

 

葉酸サプリは色んなメーカーから発売されており、価格も違いがありますが、主な違いは成分内容・成分量の多さ、製造方法の違いがあります。

葉酸サプリは、数百円程度で購入できるものから、高いものでは7000円近くの商品があります。どの製品も主成分である葉酸の多くは、厚生労働省でも推奨されているモノグルタミン酸であるため、主原料の葉酸の質については、どの商品もそれほど違いがないと考えてよいです。

基本的に葉酸だけ配合されているものは価格が安く、葉酸に加えてビタミンやミネラル、美容成分などが配合されているものは価格が高い傾向にあり、価格の安い葉酸サプリは余計な添加物が多い傾向があります。

安い葉酸サプリだから、葉酸そのものの質が悪いというわけではありません。しかし、価格が安い分、コストを抑えて製造しているため、葉酸そのものよりも食品添加物の方が多く含まれているものも存在します。
例えば、葉酸サプリの特有のニオイを抑えるために、コストの安い食品添加物を使用し簡単にコーティング剤をしてニオイを抑えているものもあり、そのような葉酸サプリを妊活や妊娠中に摂取するには、あまり望ましくありません。妊活や妊娠で葉酸サプリを摂取するとき、お腹の赤ちゃんの健康まで考えるのなら、やはり安全面や飲みやすさに配慮された葉酸サプリを摂取した方が良いです。

妊活・妊娠むけの葉酸サプリはコストが高い傾向です。葉酸サプリには、葉酸だけの補給を目的としたものや、妊活のために冷え対策成分などを加えたもの妊娠向けに必要な栄養素を配合したものと主に3種類に分けられます。

妊活や妊婦さん向けの葉酸サプリは、葉酸のほかにもビタミンや鉄、カルシウムなど、妊娠中に不足しやすい栄養素を配合していたり、添加物や放射性物質への配慮がされているものも多く価格は少し高めである傾向にあります。

その他、赤ちゃんの脳機能の向上によいと言われているDHAやEPAや妊娠中の美容対策向けにコラーゲンや、ラクトフェリンなど単品で購入すると高価な成分が配合された葉酸サプリも存在します。一方、栄養補助食品用の葉酸サプリでは、葉酸以外に配合されている栄養素は、ビタミンB群だけというシンプルである反面、価格コストも安く、その分さまざまな添加物が含まれているという特徴のものが多いです。

価格の違いはこういったところがあったんですね。私も飲んでいたのは90粒で3980円でした。

成分としては天然成分で葉酸以外にもビタミン・鉄等の成分も入っていました。ドラッグストアに売っている葉酸サプリは1000円出せばおつりがくるものもありますね。

価格重視にすると、含まれている成分に不安要素があるので、ある程度の価格のものを購入したほうがよいかもしれませんね。

引用:現役医師監修の葉酸110より

 

 

製品の安全性のチェックポイントはGMP取得の有無を確認する

 

サプリメントの安全性と品質が守られている基準としてGMP取得というものが目安となります。GMPとは、厚生労働省の厳しいガイドラインのもと、原料から出荷まで汚染や有害物質の混入、成分量のバラつきなど防ぐための医薬品レベルで品質が保たれている工場のみに認めらる品質規格です。

現在、国内ではまだGMP取得なしでもサプリメントを製造できることから、なかには原料の劣化や化学物質の混入など厳密に管理されてない場合も考えられます。原料から製造までの品質が管理されており、安全性の高い葉酸サプリを選ぶ目安としてGMPを取得しているものを購入することが当方は良いと考えます。

葉酸は天然原料を使用し添加物が少ないものが望ましく、良質な葉酸サプリを選ぶためには、上記にあげた原材料のチェックのほか、余計な添加物の配合がないこと、製品の安全性が高いものなのか確認することも大切です。なので、GMPを取得しているものを購入するようにしましょう。

葉酸サプリはたくさん種類がありますが、成分の配合についてすべてを明記してある葉酸サプリはなかなか少ないかと思います。安全性と品質が守られているサプリを摂取しましょう。

引用:現役医師監修の葉酸110より

 

妊娠の計画段階から葉酸サプリを摂取しましょう

 

葉酸は妊娠の初期に最も重要度が高まります。胎児の神経管閉鎖障害を予防するためには妊娠の計画段階からの摂取が重要になります。厚生労働省では妊娠を計画していたり、妊娠の可能性があったりする場合に葉酸を成人女性の推奨摂取量に加えて400μg摂取することを勧めています。

20代や30代女性の1日の葉酸の推奨摂取量は240μgであるため、640μgほどの摂取が推奨されていることになります。ただしこの際に注意しなければいけないことが+400μgの追加摂取分は「プテロイルモノグルタミン酸」として摂取することです。プテロイルモノグルタミン酸は自然の食品に含まれているのではなく、サプリメントや葉酸強化食品に含まれている葉酸です。妊娠初期の神経管閉鎖症候群を予防して流産リスクを低下させるためには葉酸サプリの使用が作用的でしょう。

 引用:現役医師監修の葉酸110より

 

葉酸サプリも併用して赤ちゃんに栄養を

いかがでしたか?妊婦さんが摂取する栄養はおなかの赤ちゃんが成長をしていく上でなくてはならない大切なものです。

特に妊活中や、身体が作られていく妊娠初期はとても大切な栄養素です。

上記でも紹介しましたが、バランスの良い食事がとても大切です。

ですが、それでもたりない栄養素はサプリで補いましょう。

この記事を書く上でたくさん葉酸サプリについて調べました。

そこで見つけたんです!おすすめしたいサプリを!

あの「辛口批評の葉酸サプリクラブ」で唯一のA評価のサプリなんです。

ぜひ次の記事も参考にしていただきたいです。

安全性と品質が守られている葉酸サプリの口コミと体験談はこちら

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です