産後の悩み、ホルモンバランスの乱れ!旦那さんとの向き合い方は?

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

女性ホルモンは、月経や妊娠、出産など、女性ならではの体の仕組みをコントロールしています。

今現在、ホルモンバランスの乱れによるさまざまな症状で悩んでいる女性は多いと思いますが、私もその一人でした。

自分が自分でないような気がして、イライラしたり、不安な気持ちになったり、時には涙が出るような辛い気持ちになることもありました。

しかし、このような経験をしているのはあなただけではないので、安心して下さい。原因や向き合い方を知ることで、乗り越えられると信じて下さい。

ホルモンバランスが崩れるのはなぜ?

女性の心と体の健康に大きく関わる女性ホルモン。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つが交互に作用することでバランスを保っています。

エストロゲンは、女性を創るホルモンともいわれています。女性らしい体をつくり、髪や肌を綺麗にしてくれるはたらきがあります。また、自律神経を整えて気持ちを落ち着かせてくれます。

プロゲステロンには、子宮内膜を厚くして受精卵が着床しやすい環境をつくるはたらきがあります。

妊娠していない時には、この2種類の女性ホルモンが交互にはたらきます。しかし、妊娠することでともに分泌されるようになるので、妊娠前よりも女性ホルモンの量が増えます。

出産を終えるとまた元の体に戻ろうとするので、女性ホルモンの量も減り、再び交互にはたらき始めます。増えていた女性ホルモンが急激に減ることでホルモンバランスが崩れ、さまざまな症状を引き起こすのです。

また、環境の変化も大きく影響しています。慣れない育児は思っている以上に心と体に大きな負担となっていて、自分でも気が付かないうちにストレスや疲れが溜まってしまいます。

私の場合は自分の性格にも苦しまされました。自宅での赤ちゃんと2人きりの生活は毎日緊張感でいっぱいで、ひと時も気が抜けませんでした。

それは、自分の真面目な性格が仇となり、自分自身を追い込んでいたからです。

毎日2時間ごとにタイマーをきっちりかけて授乳をして、赤ちゃんがいつ泣き出すのかが怖くて昼寝もままならない日々に疲労困憊。そんな生活を送っていると体の不調も次々とでてきて、ぐったりします。

そして、すべての人が私のように苦しんでいるわけではないんだなと知りました。生活環境や性格によって育児への向き合い方も人それぞれで、SNSで楽しそうに赤ちゃんとの生活を送っている人を見ては、自分と比較して悲しい気持ちになることもありました。

ですが、必ず抜け出せる日が来るので安心して下さい。今回は私の経験も踏まえて解決策を考えたので、今悩んでいる人が少しでも楽になってもらえたら嬉しいです。

産後の辛い症状

心が不安定になる

  • イライラする
  • 不安感
  • やる気が出ない
  • 傷つきやすくなる
  • わけもなく涙が出る
  • 眠れなくなる

産後は気分の移り変わりが激しくなりますよね。このような症状が当てはまる人は要注意です。放っておくと軽度のうつ状態を引き起こす可能性があるので、家族や友人に相談してみて下さいね。

産後のうつに関して詳しくはココをクリック

肌荒れ

  • ニキビ
  • 乾燥
  • 湿疹
  • シミ
  • そばかす

ホルモンバランスの影響で肌質が変わり、今までなかった肌トラブルが起きたり、今まで使っていたスキンケア用品が肌に合わなくなることがあります。

出産を機に、スキンケア用品を一度見直してみるといいと思います。

抜け毛

突然ごっそりと髪の毛が抜けたり、床に落ちている抜け毛の量にびっくりする人も多いのではないでしょうか。しかし、これも産後によくある症状で、病気ではないので安心して下さい。

睡眠不足や不規則な食生活で抜け毛が酷くなる場合もありますし、気にしすぎるとそれが新たなストレスになるので焦らずに落ち着くのを待ちましょう。

産後の抜け毛に関して詳しくはココをクリック

便秘・下痢

自律神経のバランスを崩すと腸の動きが悪くなり、便秘や下痢を繰り返す場合があります。骨盤がずれていたり、骨盤底筋の緩みで内臓をしっかり支えられていないことも原因になります。

水分をしっかり摂ることと、腸内環境を整える乳製品を摂ることを心掛けてみて下さい。私は、産後の骨盤調整をしてもらったら、お腹の調子もよくなりましたよ。

夫婦関係の変化

産後のホルモンバランスの乱れは、心にも体にも様々な不調が出ます。しかし、異性である旦那さんにはこの苦しみがなかなか伝わらないので辛いですよね。

厚生労働省の調査によると、離婚した夫婦の3割が産後2年以内に離婚していることが分かりました。この結果からも、産後2年が最も離婚率が高い時期になります。

参考URL:厚生労働省HP

私の場合も産後の不安定な気持ちから、夫婦喧嘩が増えました。このイライラをぶつける相手が旦那さんしかいないのです。

自分の気持ちを上手に伝えられず攻撃的になってしまい、そんな自分に嫌気がさしてまた落ち込むの繰り返しです。

赤ちゃんがいると今までとは違う生活リズムになり、今まで当たり前にできていたことが難しくなりますよね。

赤ちゃんの笑顔や成長を一番近くで感じることのできる幸せな時間もたくさんある一方で、我慢したり諦めなければならないことも出てきます。

特に、産前に働いていた人や、出掛けたり遊びに行くことが好きだった人にとっては、今までと変わりなく生活をする旦那さんを羨ましく思ったり、腹が立つこともあるかもしれません。

そんな時には、自分の気持ちを溜め込まずに話し合いをしたり、辛い時には素直に助けを求めて下さいね。

この難しい時期を乗り越えられれば、夫婦の絆は今までよりも深まるはずです。お互いが成長する為の期間だと思って、とことん向き合ってみて下さい。

気持ちが楽になる解決策

夫婦の時間を作る

夫婦の時間を作る方法はたくさんあります。頼れる人がいる場合は、半日でも数時間でもいいので、赤ちゃんを預けて2人で出掛けて一緒に息抜きをしてみて下さい。

映画館や焼き肉、ちょっとお洒落なお店など、赤ちゃんがいるとなかなか行けない場所に連れて行ってもらうのもいいですよね。

赤ちゃんを預けるのが難しい人は、わざわざお出掛けをしなくても大丈夫です。赤ちゃんが寝ている1時間でもいいので、一緒にDVDを観たり、今日のできごとを話したりのんびりする、それだけでいいですよ。

お互いのことや家族のことをゆっくり話せる時間を作るのが大事です。

自分の気持ちを伝えたい時には、育児や家事に追われながら感情的に伝えるのはグッと堪えて、1日を終えてリラックスした状態で落ち着いて伝えてみて下さい。

旦那さんへの伝わり方は全然違いますし、喧嘩になるのを防ぐことも出来ますよね。

ひとりの時間を作る

疲れた時、辛い時には遠慮なく息抜きをして下さい。贅沢でも我儘でもなく、赤ちゃんと穏やかに接するために必要な時間です。

旦那さんや家族に見ててもらって、1時間でも30分でもいいのでひとりきりで外に出てみて下さい。

カフェでゆっくりしてみたり、マッサージに行ったり、スーパーで夕食の買い物をするだけでも意外とリフレッシュできるものです。

自分の気持ちを落ち着かせたり、何も考えずにぼーっとする時間をちゃんと作ることで、心が健康的になります。赤ちゃんを預けて外に出ることに後ろめたさを感じる必要はないですよ

私が初めてひとりの時間を作ったのは産後1ヶ月を過ぎた時でした。慣れない育児に疲労困憊していた時に、母に預けて30分だけ自分の好きな音楽を聴きながら近所のスーパーまで出掛けました。

たったそれだけのことなのに、とてもすっきりした気持ちになれて、たまには赤ちゃんと離れて息抜きすることも必要なんだなと思いました。

完璧なママを目指さない

頑張りするぎるのはやめましょう。疲れている時は、家事をお休みしたり、夜ご飯をお惣菜や出前で済ませるなど、無理をしないことって大事なんです。

できない時はできないと割り切ってしまえば、気持ちが軽くなります。

部屋が散らかっていても、洗濯物が溜まっていても、赤ちゃんが死ぬわけではありません。ママが笑顔でいられることが赤ちゃんにとって一番幸せだということを忘れないで下さいね。

まとめ

ホルモンバランスの乱れによる不調はずっと続くわけではなく、産後1ヶ月を目途に心も体も少しずつ落ち着いてくるので大丈夫です。

今、思い返すと、あの時なんであんなに苛立っていたのか悲しくなっていたのか不思議ですが、あの辛い時期を乗り越えたことで人として強くなれたと思っています。

旦那さんや家族、友人、またはSNSで同じ悩みをもつママと話すのもいいと思います。辛い時には誰かに助けを求めて、産後の自分と向き合ってみて下さい。

そして、ママの特権である赤ちゃんとの幸せな時間を存分に楽しんでほしいと思います。

子育ての悩みは電話相談ですぐに解決!窓口5選を紹介します!

2019年1月20日

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です