子育てに英語を取り入れよう!赤ちゃんからできる勉強方法!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

2018年4月から小学校の英語教育改革が始まり、幼稚園でも英語の授業を取り入れているところが増えてきましたね。

息子の幼稚園でも英語の授業が導入されていて、先日あった幼稚園の参観は英語の授業でした。

ABCの歌を歌ったりカードのアルファベットを当てるゲームなど、子どもたちが楽しく授業を受けている様子がうかがえました。

ABCの歌ではLMN~のところで皆声が小さくなってごにょごにょと歌っている姿が可愛かったです。

2020年には本格的に英語が必須授業となることで小学校入学までに子どもに英語に触れてもらいたいと思う方も多いと思います。

そこでどんな勉強をしたら良いのかわからないという方に小学校に入るまでの年齢別の勉強法をいくつか紹介したいと思います。

子どもに英語を覚えてもらうには

大人もそうですが子どもは楽しいと思うことへの集中力は凄まじいですよね。好きなことは何度も繰り返し遊び、一緒に遊んでいても同じことをしていて飽きないのかなと思う時がありませんか。

子どもに英語を覚えてもらうには楽しいと思ってもらうのが一番です。では楽しいと思ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

英語に慣れてもらい英語を学ぶ環境を作る

赤ちゃんが話始めるまでにはママやパパがたくさんの言葉をかけてあげることで少しずつおしゃべりができるようになりますよね。英語も同じでたくさんの英語を聞くことで覚えていきます。

英語で語りかけたり、ママやパパが英語が苦手ならば英語の音楽を聞かせたりするのもいいと思います。あいうえお表をお風呂などに張っているご家庭も多いと思います。

その横にアルファベット表も張ることで耳だけでなく視覚からの情報も取り入れやすくなり、英語を覚えるのに一役かってくれるかもしれません。

子どもの好きな遊びに英語を取り入れる

お子さんはどんな遊びが好きですか。好きな遊びに英語を織り交ぜることで英語と楽しく覚えることができるはずです。ダンスが好きだったら有名なもので

Head,shoulders,knees and toes があります。

引用:youtube

日本語でもおなじみの曲ですよね。体を動かしながら体の部位を楽しく学べます。

幼稚園の参観ではFinger Family を歌っていました。

引用:youtube

子どもたちには少し難しかったようですが、ちょっとした挨拶のフレーズを覚えられる指遊びだと思います。

英語の歌でちょっとしたフレーズを覚えていくことで本格的に英語を学び始めたときに「これ知ってる」となって英語を勉強しやすくなると思います。

他にも英語の童謡はたくさんあるのでいろいろと聞いてもらって子どもの好きな歌をたくさん聞かせてあげてくださいね。

 

英語の早期教育のメリットは?

英語を覚えてもらうには早いほうが良いと聞きますよね。早期教育することのメリット・デメリットをまとめてみました。

早期教育のメリット

  • 英語への抵抗がなくなること

私たち親世代は英語は中学校の授業からという方も多いかと思います。私がそうでしたが英語を話すことにとても苦手意識がありました。

カタカナ英語とは違う発音をすることがとても恥ずかしかった覚えがあります。

早期教育することでそのような抵抗がなく、素直に聞いた音を聞いたまま真似して発音できるというのは良いことだと思います。

  • ネイティブの発音になること

子どもの耳ってとても良くてRとLの違いを聞き分けられて、真似して発音できるようです。

赤ちゃんのときから9~10歳までが臨界期と呼ばれていてネイティブの発音ができるようになるにはその時期に英語を学んでもらうのが良いと言われています。

早期教育のデメリット

  • 日本語へ影響するかも

あまりに早い段階での教育は日本語に影響を及ぼすと言われいます。英語と日本が混ざってしまうようです。ルー大柴さんのような感じですかね。

日本語より多くの時間の教育は日本語を習得していない時期には一日30分程にしておき、英語に慣れさせるくらいの方が良いようです。

  • 英語が嫌いになってしまう場合も

あまりにもママやパパが力を入れすぎると英語も聞きたくないという最悪のケースに陥ることがあるようなので注意が必要です。子どもの様子を見て無理のない範囲での教育が大切ですね。

  • 続けなければ忘れてしまうことも

何事もそうだと思いますが続けなければ英語も忘れてしまいます。高校で習った数学や化学の公式など覚えていますか。私はほとんど忘れてしましました。使わなければ忘れてしますものです。

せっかく小さいうちから覚えたのに忘れてしまってはもったいないですよね。そうならないためにも少しずつでもいいので継続していってほしいと思います。

子育て中に悩む英語学習!いつから始めてどんな教材がいい? 

2018年11月21日

子どもの年齢別の勉強方法

  • 0歳~1歳

この時期はたくさんのことをインプットしている時期です。とても音に敏感な時期でもあるので英語で話しかけてみたり、英語の歌を歌ったり、英語が苦手なママやパパだったらCDを流して聞いてもらうのも良いですね。

日本語の発達にも影響するかもしれないので英語を習わせようとするのではなく、少しずつ慣れてもらうという感覚がよいと思います。

おすすめの歌 Twinkle Twinkle Little Star

引用:youtube

きらきら星です。子どもたちが大好きな歌なので我が家では夜寝る前によく歌っています。

  • 1歳~2歳

この時期になると親の言っている言葉を理解できるようになってくるときですよね。英語をしゃべるおもちゃやアルファベットのポスターなどで遊びながら英語を学ばせることができるようになります。

先ほどのダンスや歌などで一緒に遊ぶことで英語が楽しいと思えるように習慣付けられたらいいですね。

  • 2歳~4歳

日本語も上手になり色々なことに興味を示す時期です。絵本を読み聞かせているご家庭も多いと思いますので英語の絵本も読み聞かせてみるのはどうでしょう。

本格的に英語を学ばせたいと思うなら英語スクールに通わせられる年齢なので一度体験に行かれても良いかもしれませんね。

おすすめのおもちゃ アンパンマン にほんごえいご二語文も!アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX

2歳頃に日本語をもっと覚えてもらおうと思って買ったおもちゃです。タッチペンで絵にタッチするとアンパンマンが物の名前を教えてくれます。

買い与えた時から食いつきがよく、夢中で遊んでくれました。

アンパンマンはほとんどの子が通る道だと思いますし、子どもの好きなキャラクターで興味を引くことも一つの手だと思います。

日本語と英語が切り替えられるので日本語に飽きたころから英語モードにして遊んでいます。

英語の収録語数は800語と多く幼稚園で英語の授業が始まったときも物の名前を覚えるのに活躍してくれて長く遊べ、学ぶことができたので親の私も大満足の知育おもちゃです。

  • 5歳~7歳

日本語もほぼ完成し母国語として定着しているので、英語スクールに通うのに適した時期だと思います。歌やゲームなのでお友達と楽しく学べるでしょう。

外国人の先生がいるスクールを選ぶことでネイティブの発音を手にいれるチャンスです。スクールに通わせるのが大変だと思う方はオンライン英会話などもあるので検討してみてはどうでしょうか。

 

まとめ

まずは英語に慣れてもらい、好きな遊びに英語を取り入れてみるところから始めてみてはどうでしょうか。

歌や絵本などで子どもに楽しみながら英語を学んでもらう環境を作ってあげることが大切だと思います。

本格的に習い始めるのは日本語が定着してからにすることで子どもが混乱せずに英語を学ぶことができると思います。

「子育て英語教育」おすすめのフレーズ本で英語を楽しもう!

2019年2月7日

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です