産後の悩み!腰痛は何が原因なの?病院の選び方や治療方法を解説

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

赤ちゃんが生まれて喜びも束の間、出産という大仕事を終え、ご自身の体のケアはどうされていますか?産後の育児は自分のことが二の次になり、ほとんどの方がケアできない環境だと思います。ケアできないその中でも腰痛は本当につらいですよね。

妊娠中から腰痛で悩んでいる方は、出産時に悪化し腰痛が改善されないケースもあります。そして、一人目は大丈夫だったのに二人目は腰痛で辛い、というお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

過去に妊娠中の腰痛についてもご紹介させて頂きましたが、今回は産後の腰痛について原因と治療方法、そして病院の選び方などをご紹介していきたいと思います。

 

産後腰痛の原因

腰痛となる原因は多数あります。さまざまな事が絡み合って腰痛を引き起こしますので、正しくケアする為にまず一つ一つ原因を知っておきましょう。

骨盤の歪み

産後は骨盤が開いた状態のままとなっているので、骨盤周辺の筋肉や体にかかる負担がとても大きくなっています。一般的に産後3~4か月で徐々に正常な位置へ戻るのですが、妊娠中の筋力低下や、お産によりお腹まわりの靭帯が緩んだことが原因で、骨盤が正常な位置へ戻らず歪みを生じます。その歪みは骨盤と連携している腰に負担がかかり腰痛となります。

体型の変化

二人目・三人目の出産後から腰に痛みを感じるようになった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠中に体重が増え体型も変わっていきます。体重が増え、脂肪が付くことにより筋肉量も落ち、体を支える力も低下することで骨盤に歪みが生じ腰痛を引き起こします。

血行不良

妊娠中の運動不足による予想外の体重増加が原因で、血行不良になり腰が冷えると痛みを伴い腰痛となるケースがあります。

育児中の姿勢

赤ちゃんが泣き止まないときはずっと抱っこしていたり、授乳の時は前かがみで猫背になったりと無理な姿勢が腰に負担を与えます。

また沐浴はお風呂場や台所のシンクなどで行っているかと思いますが、赤ちゃんの首を支え屈む姿勢となりますよね。赤ちゃんのおむつ替えなども中腰や前かがみとなるので腰痛を引き起こす原因です。

ストレス

「ストレスから腰痛になるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、産後のママはホルモンバランスが急に崩れストレスが溜まりやすい状態になっています。そんな中で赤ちゃんの子育てや家事、一人目だといろんな方がお祝いに来てくれますのでその対応など毎日忙しい日々となりますよね。

身体に疲労が溜まると自律神経が乱れて血行が悪くなり腰痛を引き起こす原因にもなるのです。

睡眠不足

成長ホルモンってご存知でしょうか?寝ている間に分泌されるもので疲労回復させる作用があります。ですが、産後のお母さんがゆっくり寝れる暇はありません。赤ちゃんは短時間で起きたり泣いたりを繰り返します。赤ちゃんと同じように短時間で寝たり起きたりを繰り返してたら深い睡眠をとることはできません。

この成長ホルモンは深い眠りに入らなければ分泌されないので、疲れた身体が癒される事なく蓄積され腰痛を引き起こす原因となるのです。

 

病院選び方と治療方法

産後の腰痛で治療できる病院には以下があります。

  • 整形外科
  • 整骨院・接骨院
  • 整体院
  • 鍼灸院
  • 内科

単に腰が痛いから、と当てずっぽうに病院に行って治療しても逆に悪化してしまうケースがあります。まずは整形外科でレントゲンを撮ってもらい原因の特定することをお勧めします。

整形外科

産後の腰痛を診察してもらうにはまず整形外科がお勧めです。ただ、整形外科で治せるのは明らかに原因が見つかった場合だけです。それ以外の「原因が特定できない痛み」については腰痛を治す事は難しいようです。

整形外科で腰痛の原因が見つかった場合の治療方法は以下となります。

  • 注射
  • 薬物療法
  • 手術療法
  • 運動療法
  • 日常生活指導

整形外科でレントゲンやMRI検査を行い異常が見つかれば良いですが、見つからなかった場合は、鎮痛剤・湿布を処方されるだけで完治しないケースが多いようです。

産後の腰痛で整形外科を受診しました。レントゲンを撮り背骨が真っ直ぐだから腰が痛いのではと言われ、現在授乳中の為薬は使いたくないからとリハビリをするように言われました。ですが、リハビリに通うにも子供を誰かに預ける事ができず一緒に行ってます。そこで質問なのですが、リハビリはホットパックだけを20分するものなのですが、これは何の意味があるのでしょうか?毎回子供を連れてリハビリに通院するのが大変です。寝起きの腰痛がひどく起きるのが辛いからと受診してリハビリも通ってますが全く改善されません。

引用:知恵袋

原因の特定ができなければ通院に無駄な時間とお金を費やさなければいけません。骨や神経に異常がないという事が特定できれば他を受診すれば治せる可能性がありますね。

整形外科は健康保険が適用されるため、医療費の負担額は少なく済みます。痛みが特定できれば治療ができるのでまずは整形外科を受診してみましょう。

整骨院・接骨院

この二つのキーワードをよく耳にするかと思いますが、整骨院・接骨院は特に違いはありません。国家資格を持った柔道整復師が柔道整復術という治療を行ってくれます。産後すぐは骨盤が不安定な状態でダメージを受けやすくなっているので、産後1か月検診で問題がないと診断されてから施術を受けるようにしましょう。帝王切開などを行った方は必ず医師の許可をもらってからにしましょう。

慢性的な腰痛では、健康保険が適用外になることもあるので注意が必要です。整骨院・接骨院で保険適用となるのはその原因や痛めた時期がハッキリしていることが条件だそうです。

治療内容は以下の通りです。

  • 消炎鎮痛処置
  • 柔整マッサージ
  • 関節矯正
  • ストレッチ
  • 温熱治療
  • 牽引療法

整骨院や整体院へ行って症状が悪くなるケースはよく耳にします、痛いからと治療してもらって逆に悪くなっては何をしに病院へ行ったのかわかりませんよね?

妊娠中から産後ずっと、ひどい腰痛に悩まされています。
整体や整骨院、カイロプラクティック等色々なところに通いました。
ある整体で、腹部を強く押されました。お腹に対して垂直に、指を縦にして、人差し指中指薬指の3本でぐーっと押し込む感じです。下腹部からだんだんと上にあがっていき、施術中にぽかぽかとあたたかくなり眠くなりました。
ところが帰宅後、とても具合が悪くなりました。脱力感と疲労感でその日は家事ができず、次の日は動けましたが、腰痛は悪化した気がしました。
その整体にはもちろん2度と行っておりません。
他のところでも、それほど劇的に軽快するといったことはありませんが、具合が悪くなったこともありません。
整体などにお詳しい方がいらっしゃればご意見をお聞きしたいのですが、腹部を押す施術は腰痛に効果的なのでしょうか?
また整体等で具合が悪くなった経験をお持ちの方等、お話をお聞かせいただければと思います。

引用:知恵袋

上記で「色々なところに通った」とありましたが、病院を選ぶ際に単に腰痛で困ってるという事でいろんな病院へ行ったのではないかな?と思います。妊娠・産後の腰痛は普通の腰痛と原因が違う為、病院側としっかり相談してから治療を受けることが大切だと思います。

整体院

こちらは国家資格のない方でも施術が可能なエステに近いマッサージや矯正治療です。産後の事を熟知している方の治療方法であれば問題ないかもしれませんが、素人でもマッサージ治療が可能なのでこちらも慎重に病院を選ぶ必要があります。

産後の腰痛専門での整体院もあるようなので、整形外科・整骨院(接骨院)で痛みが解消されない場合は検討しても良いと思います。ただし保険は適用外となります。

鍼灸院

主な治療法は鍼・お灸による治療となります。こちらは医師の同意があれば保険適用されます。

内科

これは確率としては低いケースですが、時々腰痛の原因が骨ではなく臓器からきていることもあります。上のことを全て試してみて、それでも腰痛が改善されなかった場合は内科に受診するのもひとつの方法かもしれません。

 

まとめ

産後の腰痛の治し方には様々な方法がありますが、まずは整形外科へ行き何が原因なのかを診察してもらいましょう。

多くの方は育児と家事で病院になんて行ってる暇なんてない!産後だから仕方ない!と諦めて辛い日々を送られているのではないでしょうか?

赤ちゃんを育てるためにもママの体のケアは大事なことです。腰痛でのストレスが原因で体調を崩したりしては、育児も家事もできなくなります。

無理せず周囲の方に頼れるところは頼ってご自分の体のケアに努めましょう。

 

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です