葉酸は赤ちゃんのビタミン!その効果と役割、副作用について!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

葉酸が女性の体にとって、妊娠前から摂るべき必要な栄養素だということを知っていますか。

私は妊娠後にそのことを知って、その時はお腹の赤ちゃんは大丈夫かなと少し不安になり、もっと早く知っていればと残念な気持ちになりました。

でも葉酸は妊娠中も出産後にも摂取がすすめらている、大切な栄養素なんです。

今、妊活に励まれている方も妊娠中の方も、葉酸が体内で果たす役割や、その効果、不足するとどうなるのかということ知れば、なぜ葉酸の摂取の必要なのか、納得できるのではないかと思います。

 

葉酸とは何か

葉酸とは、別名ビタミンB9とも呼ばれる、水溶性ビタミンB群の中の一つで、1941年にほうれん草から発見された栄養素です。

体内では作ることができないため、葉酸を含む食品又はサプリメントで摂取する必要があります。

体内で消化吸収される時の利用効率を比べると、自然にある食品に含まれる葉酸は「プテロイルポリグルタミン酸」と言い、全体の50%が有効に利用され、サプリメントなど合成された葉酸は「プテロイルモノグルタミン酸」と言い、全体の85%が利用されると言われています。

また、水溶性ビタミンである葉酸は水に溶けやすい、熱に弱いという特徴があり、葉酸が多くふくまれる食品には、ほうれん草、えだまめ、モロヘイヤ、肉類ではレバーが挙げられます。

食品を調理する時に栄養成分が壊れたり失われたりしやすく、普通の人より葉酸の摂取量が多く必要とされる妊娠を考えている女性や妊婦さんには、摂取効率の面からサプリメントでの摂取が勧められています。

葉酸はビタミンB12や亜鉛、ビタミンCなどと一緒に摂取することで、効率よく吸収されることができます。

反対に、アルコールや緑茶は体内で葉酸の吸収を阻害するそうです。サプリメントを緑茶で飲むのは避けましょう。

 

葉酸の役割と効果

葉酸は私たちの体に取り入れられたあと、体内でどのような働きをしているのでしょうか。

その役割と効果を挙げてみたいと思います。

核酸(DNA,RNA)の合成を助ける

核酸は遺伝情報にかかわる成分で、DNAには遺伝情報が納められており、RNAはその情報をコピーしたり、必要なアミノ酸を集めて遺伝情報に基づいてたんぱく質を合成する働きがあります。

その核酸のおかげで、正常な遺伝情報を持つ細胞を分裂、増殖させて、組織や臓器の形成でき、子孫へと情報を伝えていくことができるのです。

核酸は人間の生命を維持していく為にとても重要な成分で、葉酸はビタミンB12や他の栄養素と協力して、その核酸の合成を助ける役割があります。

その他に、葉酸はホモシステインというアミノ酸の一種の代謝や抗酸化物質の代謝にも必要とされています。

赤血球の合成を助ける

赤血球の寿命は約120日ぐらいと言われ、骨髄で絶えず作られています。葉酸はビタミンB12と共に核酸を通して赤血球を合成し造血機能の維持する役割があります。

期待される効果

①胎児の神経管閉鎖症を予防する

胎児は細胞を分裂を繰り返し成長していきますが、最も細胞分裂が活発な妊娠初期に葉酸が不足すると、核酸の合成が不十分で誤った情報を持つ細胞を作ってしまうリスクがあります。

神経管閉鎖症とは、脳やせき髄など中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠4~5週ごろに起こる先天異常のことです。

神経管の下部で閉鎖症が起きた場合は「二分脊椎」、神経管の上部で起きると「無脳症」と呼ばれています。

「二分脊椎」では胎児の神経組織が障害され下肢の運動障害、膀胱・直腸の機能障害が起きる可能性があり、「無脳症」では脳の形成不全により、死産・流産の割合が高くなるとのことです。

妊娠後にこのことを知って、残念な思いをした私としては、より多くの女性に知ってもらいたいと思います。

②貧血を予防する

葉酸やビタミンB12となどが不足すると、赤血球が正常に作られず(通常より大きな赤血球が作られ数が減少する)、巨赤芽球性貧血を発症することがあります。

貧血の原因といえば、鉄分の不足による鉄欠乏性貧血しか知らなかったので、妊娠中に貧血気味だった原因は葉酸不足だったかもしれないと、今改めて考えてしまいました。

③動脈硬化を予防する

葉酸が不足すると、ホモシステインというアミノ酸の代謝ができず、血液中のホモシステインの濃度が上がります。

ホモシステインは血液凝固や血管内の細胞に影響を与えるので、それが動脈硬化、動脈血栓、ひいては狭心症、心筋梗塞、脳卒中の発症リスクを高くすることにつながっていくそうです。

今までは血管だって老化するんだから仕方ないと思ってましたが、葉酸で予防することもできるということですね。

④粘膜の健康を維持する

細胞分裂が活発な粘膜には、体内でも多く葉酸が存在していて、葉酸が不足すると消化器系の粘膜に異常が起こる可能性があります。

口内炎や舌炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などになるリスクがあり、潰瘍までにならないとしても食欲不振や下痢などの原因なるそうです。

⑤うつ病を予防する

葉酸が胎児の脳の発達に影響する以外にも、脳神経に作用し脳をリラックスさせることがわかっていて、うつ病の人の4人に1人が葉酸不足であるといわれているようです。

抗うつ剤と一緒に葉酸を摂取した人の方が症状を緩和する効果がアップしたという研究もあり、葉酸が大人の脳や神経システムの安定に関わっていると思われます。

最近は産後うつになる方も多いと聞きます。心配な方は妊娠中だけでなく出産後も積極的に葉酸を摂取した方がよいかもしれませんね。

 

妊娠と葉酸

葉酸は「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれるぐらい、胎児の成長と神経管閉鎖症の予防のために必要とされる栄養素です。

厚生労働省は2000年に妊娠を計画している女性、妊娠の可能性のある女性に対し、胎児の神経管閉鎖症予防のため、葉酸のサプリメントを一日400㎍(マイクログラム)内服するよう推奨しました。

2015年には国民の健康増進と生活習慣予防のため、妊婦さんは食事から480㎍摂取するよう推奨しています。

今では母子手帳にも記載があるようですが、やはり妊娠前に周知されなければ予防効果が薄いと思います。妊娠の可能性が少ない10代の頃から、教育として知識を与えるほうがいいのではないかと思いました。

葉酸は出産後も授乳期には340㎍の摂取が推奨されていて、貧血やうつ病の予防になることからも、妊娠前から出産後も継続して摂取した方がいいでしょう。

 

副作用について

葉酸には上限摂取量が定められていて、成人男女ともに900~1000㎍までとなっています。

葉酸は食事から摂取しても摂りすぎになる可能性は低いですし、水溶性ビタミンなので、万が一過剰に摂取しても尿から排出されやすく、あまり心配しなくてもいいようです。

しかし、サプリメントは過剰摂取になるリスクがあり、服用に注意が必要です。過剰摂取で、発熱、蕁麻疹、紅斑、かゆみ、呼吸障害などが起こることが報告されているそうです。

成人男女の一日の摂取推奨量は240㎍と定められているので、妊婦さんもそうでない方も摂取量は守ったほうがよいでしょう。

 

まとめ

葉酸は妊娠する前から出産後まで、赤ちゃんとお母さんにとって大切な栄養素です。

毎日の食事、サプリメントと、ふだんから意識して積極的に摂取していくことが必要だと思います。

貧血や動脈硬化、うつ病の予防にもなるとのことで、妊婦さんでない、家族や友人、知人にも教えたい気持ちになりました。

 

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です