妊婦の肌トラブルの種類と症状は?その対処方法と予防対策は?

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

妊婦になると色々なマイナートラブルがつきものですよね。
そして、その中でも肌トラブルは皆さん経験されるのではないでしょうか?

私も、肌トラブルには悩まされました。顔の肌トラブルは、みんなに見える部分なので、外出する際など気になってしまい、憂鬱になってしまいますよね。

また、妊娠特有の肌トラブルなどによって、産後に後悔しないためにも対策方法などを知っておきたいですよね。私はケアをサボっていたため、産後に後悔することになりました。後悔しないためにも早めの対策で予防しましょう。

そんな肌トラブルについて、種類や原因、どんな対処法・予防対策についてまとめました。
また、どんなスキンケアの商品があるのかも紹介しています。

妊婦の肌トラブルの種類

シミ・そばかす

妊娠して何か顔のシミ・そばかすが増えたなぁ。顔がくすんできたなぁ。と思っている妊婦さんは多いですよね。いつの間にこんなところにシミができたの~。と思うことありますよね。

私も妊婦の時、もとからシミ・そばかすが多いのに、さらに増えてるし、顔がくすんできて、何か顔色悪いな、私。なんて思っていました。このままもっと増えていったらどうしよう。とずっと考えていました。

この悩みのシミ・そばかすには女性ホルモンが関係しているようです。女性ホルモンには2種類あり、プロゲステロンとエストロゲンというものが卵巣から排出されるのです。この一つのプロゲステロンの増加により、シミ・そばかすができやすくなるのです。

プロゲステロンは、シミやそばかすができる原因となるメラニン色素の成長を助け、肌の奥まで浸透すると考えられています。このことから、女性ホルモンのプロゲステロンが大量に排出されることで、シミやそばかすができやすくなります。

この妊娠の際にできるシミやそばかすを妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)と言います。このような症状に悩まれている方は多いのではないでしょうか?

色素沈着 皮膚の黒ずみ

私が妊娠して、この色素沈着の中でも特に気になっていたのが、脇の黒ずみです。みなさんも、妊婦の方はあるあるだと思いますが、最初見たときビックリしますよね。この脇の黒さは何?となる方いると思います。
また、乳首や乳輪、デリケートゾーンなども黒ずみができてしまいますよね。

これを見ると何か憂鬱になりますよね。私もこれが元に戻らなかったらイヤだなぁ、憂鬱だなぁと思っていました。でも、これも先ほどのシミ・そばかすと同じように大量に排出されるホルモンが関係しているのです。

また、気になってこすったり、かゆみが出てかいてしまったりと刺激を与えたりすることも黒ずみを濃くしてしまっているようです。

乾燥

妊娠すると肌の乾燥も気になりますよね。私はお腹周りが乾燥して、かゆくてかゆくて仕方なかったです。実はこのお腹周りが乾燥してかゆいのは理由がありました。

妊娠してお腹が段々と大きくなるにつれて、皮膚が伸びてしまい薄くなることで、その伸びた部分が乾燥しやすくなり、乾燥によってかゆみがでるようです。

ニキビ

ニキビはできる人とできない人といるようですが、私は妊娠初期にできました。私は普段、あまりニキビができないので、ニキビができたことによって、妊娠に気付くことができました。そのくらい妊娠するとニキビはできやすいものだと分かりますよね。

ニキビはできると結構目立ってしまうし、化粧で隠すのも大変ですよね。これもまた女性ホルモンの関係で、妊娠すると肌の脂分も増え、ニキビができやすくなるようです。

妊娠線

一番厄介な肌トラブルが妊娠線です。妊娠線とは、急激にお腹が膨らみ、皮膚が伸びることによってできる線です。これは事前に予防しておかないと、一度できてしまうとほとんど改善することができないと思います。

人によっては、出産後になくなる方もいるかもしれません。私は、ケアをサボってしまったために今現在も残ってしまっています。ケアを怠ってしまって、後悔してしまわないためにも対策や予防をしましょう。

妊婦の肌トラブルの原因

ホルモンバランスの乱れ

女性特有のホルモンと言われるプロゲステロンとエストロゲンのホルモンの量のバランスが悪くなり、肌へ影響してしまいます。

プロゲステロンとエストロゲンのバランスは妊娠すると乱れてしまうので、それによって肌荒れや肌の異変など、いつもと違った肌トラブルが出てくるのです。また、妊娠による栄養や睡眠の乱れもホルモンのバランスの乱れに影響しているとも言えます。

妊娠中のホルモンバランスの乱れは、出産後に徐々に安定していきます。そのため、妊娠中の肌トラブルは出産後に落ち着くことがほとんどです。

栄養の偏り (つわりなどによる)

妊娠にはつわりを経験する方が多いと思いますが、つわりは辛いですよね。つわりは食べ物を食べられなくなるつわりや常に食べていないと気持ち悪くなるつわり(食べづわり)などありますよね。食べれないつわりだと何も食べられなくなるなるし、ひどい人では嘔吐してしまう方もいるようです。

また、食べづわりだと常に食べていないといけないので、簡単にすぐ食べられるものなどを少量ずつ食べてしまい、きちんとした食事を摂れない場合もあります。

また、妊娠すると食べ物の好みが変わって、同じ食べ物ばかりを食べたくなったりもします。このため必要な栄養がとれずに、栄養バランスが悪くなり、肌への影響が出てしまいます。

しかし、つわりの時にバランスの良い食事をしましょうと言われても無理な話ですよね。つわりの時は、自分の好むものや食べられるものを食べて構わないと思います。

つわりが終わってからは、なるべく食生活には気を付けて、自分だけでなくお腹の赤ちゃんのためにも、野菜は積極的に食べるようにしたり、食べ過ぎなどにも注意するようにしましょう。

睡眠不足

慣れない妊婦生活で眠れなくなってしまうこともあると思います。腹部の圧迫により頻尿になって夜中に何回も起きて眠りが浅くなってしまったり、不安なことで頭がいっぱいになり、眠れなくなることもあると思います。

私はよく怖い夢を見て、眠れない日が続いた事がありました。妊娠中はよく怖い夢をみるといいますよね。でも、なぜ妊娠中に怖い夢をみるのかは不明のようです。妊娠によってこれから先の産後の事で不安になったり、普段とは違う体の変化によって、体へのストレスなどが影響しているのかもしれませんね。

また、後期になると胎動が激しくて眠れないこともあります。私の子供は、あまり胎動が激しくなかったので、普通に眠れていましたが、友人は胎動が激しくて眠れずに睡眠不足だったと言っていました。

人それぞれだと思いますが、胎動は赤ちゃんが元気に育っている証ですし、嬉しいことですよね。睡眠不足の日が続くようであれば、睡眠をとれる時にとって、なるべく体を休めるようにしましょう。

妊婦の肌トラブルへの対処方法

睡眠をしっかりとって規則正しい生活を

妊婦さんにとっては睡眠はとても大事です。しかし、前述のように夢や胎動や妊婦になってからのストレスなどが体の負担になって、深い眠りにつくことができない時などありますよね。実際に、一日に何時間くらい睡眠時間をとったらいいのでしょうか?

調べてみると、最も良いとされる一日の睡眠時間は7時間だそうです。この睡眠時間に近づけるための対処方法はあるのでしょうか?

  1. 自分にあった寝る体勢を見つける。
  2. ストレスをため込まないようにリフレッシュする。
  3. 部屋の気温に注意する。

1.自分にあった寝る体勢を見つける。
妊娠後期になるとお腹も大きくなって胎動も激しくなって、寝る体勢に困ってしまうことありますよね?
その時は寝る体勢を色々と試してみて下さい。寝る体勢によって体が落ち着き、眠れるようになるかもしれません。

2.ストレスをため込まないようにリフレッシュする。
ストレスによって睡眠が浅くなって目が覚めることってありますよね。そして、妊婦になると何かと悩むことが多いですよね。そういう時は、とりあえず自分の好きなことを出来る範囲内でやることをおすすめします。妊婦なので制限されることはあると思いますが、自分自身が楽しんでリフレッシュすることが大事です。

お腹の赤ちゃんも笑っているママがいいでしょうからね。リフレッシュすることによって、睡眠時間が改善されるかもしれません。

3.部屋の気温に注意する。
妊婦は気温に敏感だと思いますので、寝るときの部屋の温度にも注意するようにしましょう。冷暖房の効きすぎには注意が必要です。適度な室温にし、睡眠の妨げにならないようにしておきましょう。

栄養のある食事を

つわりがある場合は、厳しいでしょうが、基本的には毎日3食をきちんと摂るように心がけましょう。

緑黄色野菜、タンパク質(肉・魚・卵・大豆)、鉄分(ひじき、レバー)、カルシウム(牛乳・乳製品)、果物などをバランス良く摂るようにしましょう。

母子手帳にも妊娠中の食事について詳しく載っているので、確認してみるといいですね。水分もこまめに摂るようにして肌に潤いを与えて肌トラブルを防ぎましょう。

適度な運動で血流をよくする

血行不良になると体の中に老廃物がたまり、体全体に酸素や栄養が届かなくなり、肌がくすんだり乾燥したり、肌トラブルを起こしてしまいます。

体を動かすことによって血流をよくして、代謝も上げるようにしましょう。そうすることで、皮膚の古い角質などが生まれ変わり、少しでも肌トラブルを抑えてくれると思います。

妊婦の肌トラブルになる前の予防対策

肌トラブルになる前に

肌トラブルになってしまう前に、事前に予防していれば、少しは症状が目立たなくなることもあると思います。予防できることはしておいた方が後になって後悔せずに済みますよ。私も、一人目の時は気合いを入れてケアなどしていましたが、二人目の時は一人目の育児もあり、手を抜いていたので後悔することになりました。

事前に予防していれば、後悔することはほとんどないと思います。

出産後には改善

妊娠中の肌トラブルのほとんどの場合が出産後には改善します。私も、妊娠中にあんなに気にしていた脇の黒ずみが出産後いつの間にか消えていて、あんなに心配していたのにと思って安心しました。しかし、中には改善しない人もいるようなので、事前に予防しておくことはおすすめします。

また、妊娠線なんかは手強くて、ほとんど消えない事が多いようです。私も消えなくてショックを受けています。
ショックを受けないためにもスキンケアや、食事・睡眠には気を付けて妊婦生活を過ごされてくださいね。予防策をとっても改善しない場合や酷くなる場合は、皮膚科で一度診察してもらうようにしてくださいね。

スキンケアをする

やはり、肌トラブルを防ぐためにも日焼け対策や保湿などのスキンケアは必要です。今は、色々な種類のスキンケア商品がありどれを選んだらいいのか分からないですよね。私もどれを選んだらいいのか悩みました。そこで、今回はおすすめの商品を紹介しますので、是非参考にしてもらえればと思います。

妊婦の肌トラブルにおすすめのスキンケア

おすすめ①Mama&Kids

ナチュラルマーククリーム
470g  価格7850円(税込)
引用:http://www.natural-s.jp/shop/c/c8704/
助産師と先輩ママにより製品が完成した大人気の妊娠ボディ用クリーム。150gの小さめのサイズもあります。
私の周りにもMama&Kidsを使用している人は沢山います。

おすすめ②キャリネス

キャリネスボディオイル
100ml 価格4104円 (税込)

引用:http://www.calinesse.co.jp/user_data/maternity_bodycare.php
肌なじみがよく、べとつかず、オーガニック精油を配合しています。オイルをジェル化にすることにより、べたつかず、サラッとした使い心地に。

おすすめ③マイサニールーム ボタニカルズ

ディープモイスチャー クリーム80g 価格2160円 (税込)
引用:https://liquest.jp/SHOP/msb-102.html
楽天市場て総合ランキング1位になったことがある商品で注目されています。乾燥肌に適しています。

おすすめ④エルバビーバ

<マミーケア> STM クリーム
125ml 価格5076円(税込)
引用:http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsd-001002048002–
伸びが良く肌なじみもいいしっとりと潤してくれる商品です。
コチラの商品もSNSなどで人気のある商品です。

おすすめ⑤ニベア

引用:https://www.kao.com/jp/nivea/nva_cream_00.html

こちらはみんなが知っている定番のニベア。ニベアって安心して使えますし、重宝しますよね。チューブと缶とあります。缶の方が大容量なのでお得感はありますが、缶の方はクリームを手に取るとどうしても開け閉めがしにくいという印象があります。なので、使いやすさからするとチューブがおすすめです。

洗顔後の化粧水の後の使用がおすすめです。薬局に置いているので購入しやすいのもいいですね。

まとめ

1.妊婦の肌トラブルには色々な種類がある。
2.肌トラブルの原因は女性ホルモンと生活に関係がある。
3.肌トラブルの対策は規則正しい生活を。
4.スキンケアをして事前に防ぐことは大事。
5.おすすめのスキンケア BEST⑤

結論

肌トラブルにもいろいろな種類がありましたが、ほとんどが出産後には元通りになります。肌トラブルの原因は、妊娠特有の女性ホルモンのバランスの乱れによるものが主で、妊婦には仕方がないことかもしれません。

しかし、産後の私のように後悔しないためにも妊娠線のスキンケアは早めから対策しておいてください。その他にも睡眠・食事・運動は自分の出来る範囲での対策はやっておいたほうがいいでしょう。でも、神経質になる必要はないと思います。

私は妊娠して顔のシミ・そばかすが気になって落ち込む日もありましたが、産後はいつの間にが戻っていて、あんなに悩んでいたのは何だったの?と拍子抜けするほどでした。みなさんも、妊娠中の肌トラブルに悩んでも戻ることがほとんどなので、心配せずにマタニティライフを楽しんでくださいね。

 

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です