子供のアレルギー性鼻炎!今すぐできる対処と簡単環境づくり!

スポンサーリンク
妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!


あるアンケートでは出産にかかる費用の平均は、38万~80万円と出ていました。

出産育児一時金の範囲内でおさまったと言う意見もありましたが、多くは42万円以上の費用がかかったとの結果に、驚くと同時に不安が襲ってきた事を覚えています。

地域差や入院中のサービスに差はありますが、あまりの金額に精神的な余裕が持てませんでした。それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られています。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。だからこそ、今のうちから資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでもスマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

私は妊娠中に「食育栄養コンサルタント」「リンパ&セラピースペシャリスト」の資格を取得しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

出産後は子育てをしていると、わざわざエステ等に行く時間もお金もありません。セルフケアができるようになって、浮腫みも改善したことから、この資格を取って本当に良かったと感じています。

今後は子育ての合間でこの資格を活かし、収入に繋げていく予定です。今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは「食・料理関係」「健康・美容関係」「心理系」「趣味・実用系」など50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

急に風邪でもないの透明な鼻水が急に出始めたり、ほこりっぽい場所に行ったときや衣替えのタイミングで鼻づまりやくしゃみが出てくることはありませんか。

これらの症状が定期的にあるならば、アレルギー性鼻炎かもしれません。

鼻水が出ていたり、鼻づまりだけでも不快症状が続けば子供の機嫌が悪くなることもありますよね。親としても苦しそうな姿を見るのは辛いものですし、いち早くどうにかしてあげたいです。

皆さんもちょっとしたコツを押さえて、快適に過ごしてみませんか。2児の母が実際に実践しているアレルギー性鼻炎と上手く付き合うポイントを紹介していきます。

 

アレルギー性鼻炎になぜなってしまうのか

「アレルギー性鼻炎」という言葉を知っていても、身体がどういう状態になっているかまではピンときませんよね。まずは身体の中で何が起きているか説明していきます。

身体にはウイルスや細菌が入った時に異物と判断し追い出そうとするシステムがあります。ウイルスなど有害ではないものに過剰に反応することをアレルギーと呼びます。

そして、アレルギーを起こす物の総称をアレルゲンと言っています。

主なアレルゲンは、ハウスダストやダニ、カビ、ペットの毛やフケがあります。これらのアレルゲンが鼻から体内に侵入し、過剰に反応してアレルギー性鼻炎といわれる症状がおこります。

 

アレルギー性鼻炎の種類

大きく分けて2種類に分けられます。花粉症のように特定の季節に症状が出る「季節性アレルギー性鼻炎」と季節を問わず年中症状が出る「通年性アレルギー性鼻炎」です。

「季節性アレルギー性鼻炎」の主なアレルゲンにはスギやヒノキが多く、鼻だけではなく微熱、目や咽頭にも症状が出やすいのが特徴です。

「通年性アレルギー性鼻炎」の主なアレルゲンはハウスダストやダニです。季節関係なく年中症状が出るのが特徴です。

最近ではアレルギー性鼻炎の低年齢化が問題になっているようです。もしかしたら昔に比べてアレルギー性鼻炎の関心度が上がっているのかもしれません。

アレルギー性鼻炎は遺伝性もあるので、親がアレルギー性鼻炎だと子供もアレルギー性鼻炎になりやすいです。私自身がまさにそうです。親子でアレルギー性鼻炎です。

 

アレルギー性鼻炎の症状

症状は、鼻水、鼻づまり、くしゃみです。それぞれで出たり、併発させたり個人差があります。これらの症状は風邪の初期症状に似ているため、気づきにくいこともあります。

  • 透明なさらさらな鼻水が出る
  • 鼻水と同時に目がかゆい
  • くしゃみが出る

風邪の場合鼻水が黄緑色だったり、咳が出るので上記のポイントを押さえるとアレルギー性鼻炎の早期発見につながります。

これらの症状が続くと当然、イライラしたり集中力がなくなったり、睡眠不足に陥ってしまい学業や仕事にも悪影響です。

私はアレルギー性鼻炎で寝込んだことがあります。鼻も詰まって、鼻水も出て目はかゆくて開けてられずとても辛かったことを覚えています。

そのままこじらせて副鼻腔炎にまでなってしまいました。早めの対応がポイントです。

 

アレルギー性鼻炎の検査方法

アレルギー性鼻炎を悪化させないためにも早めの診断がおすすめです。次に、アレルギー性鼻炎と診断するための検査方法をご紹介します。

まずは問診と鼻の中の観察です。どのような時期に起こるのか、症状はどういったものかを医師に話しましょう。

アレルギー性鼻炎の疑いがある場合は

  • 鼻汁好酸球検査(細胞を採取する方法)
  • 血清特異的IgE抗体(血液検査)
  • 皮膚テスト(アレルゲンのシールを貼って反応を見る方法)
  • 鼻粘膜誘発検査(アレルゲンを鼻の粘膜につけて反応を見る方法)

などがあります。私の場合、ほかのアレルゲンも調べる関係で皮膚テストを行ったことがあります。1週間シールを付けたまま過ごしたのでとても局部がかゆかったのを覚えています。

私の子供は医師より薦められた血液検査行いました。様々な方法がありますので子供の状態に合わせてよく医師と相談して決めてくださいね。

 

アレルギー性鼻炎の治療法

とても辛いアレルギー性鼻炎ですが、治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

薬物療法と免疫療法、手術療法そして、アレルゲンの除去が一般的です。アレルゲンの除去には次項で説明します。

薬物療法は抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)が最も一般的に使用されている薬剤です。飲み薬や点鼻薬があり症状によって合わせて使うこともあります。

高い効果がある一方、個人差があるものの副作用でのどが渇いたり、眠気が出る場合もあります。私の子供の場合、寝る前に飲むように指示がありました。

他には改善効果が最も高いステロイド点鼻薬が処方されることもあります。効果は抜群ですが、長期間の使用により鼻粘膜が腫れることもあるため、医師の指示に従って使用しましょう。

免疫療法には、微量のアレルゲン物質を体内に取り込んでアレルギー反応を弱くする方法です。

この方法は大人が行うもので必ずしも完治するわけでもなく、アナフィラキシーショックの可能性もありリスクもあります。

手術療法は、代表的なものに鼻の粘膜をレーザーで焼く方法です。効果は高いですが、入院も必要なため医師としっかり相談の上決めることが大事です。

薬物療法がやはり子供にとって即効性のある方法かもしれません。ただ、点鼻薬は子供にとって少し難易度が高いものだと思いますので保護者のお手本が肝になります。

私は点鼻薬の使い方を一緒に練習して痛くないことを伝え、恐いイメージをつけないように心がけました。

せっかく良くなるためのお薬なので「お鼻が楽になるよ」とわかりやすく端的に説明もしました。

 

今すぐできる簡単環境づくり

アレルギー性鼻炎は残念ながら遺伝的因子も関係しているので完全に除去はできません。しかし、これから紹介するちょっとしたコツさえ押さえれば簡単に快適な生活を送れます。

  • こまめに掃除機がけ、床ぶきをする。

夜のうちにハウスダストなどのアレルゲンは舞うためできるだけ午前中に1度は掃除機をかけましょう。今は自動掃除機も販売していますので夜のうちにかけておくのもおすすめです。床ぶきも難しく考えず、フローリングシートを利用したり無理せずこまめにできる方法を選びましょう。私はまめに掃除機をかけるためにすぐ取り出せる場所に掃除機を置いています。目につく場所にあることですぐに行動できています。

  • フローリングよりもカーペットを敷きましょう。

よくカーペットにはダニがいるといわれていますが、最近ではお手頃価格で防ダニ加工や丸洗いできるカーペットが販売されています。フローリングの方がハウスダストが歩くたびに舞うので逆効果です。畳の場合は掃除機のかけ方にポイントがあります。畳の目とは垂直にかけることを心がけてみましょう。目に沿ってばかり掃除機をかけていても畳の奥にいるダニが吸えないことがあります。

  • ペットがアレルゲンの場合には可能ならば屋外で飼育するのがおすすめです。

しかし、家族同然のペットですのでせめて「寝室には絶対入れない」など人間とペットが共存できるようルールを作りましょう。これだけでも快適に睡眠がとれます。

  • 洋服にもアレルゲンがたくさんついています。

クローゼットの扉は可能な限り締め切ることがおすすめです。扉がない場合でも大きめの布で覆うだけでもアレルゲンが舞うことを防止できますので実践してみてください。ハンガーラックにかけてある洋服も同様に大きめの布で覆うだけで効果的です。

  • カーテンにもほこりや花粉が付いています。洗ってカーテンレールに戻すだけで乾きますのでこまめに洗濯しましょう。

 

  • 当然ですが、アレルゲンを触った手で鼻を触らないもとても大事です。

大人はできても子供は難しいですよね。日頃から例えば「猫や犬を触ったら手を洗う」など伝えておくと自然と気を付けてくれるようになります。この時なぜなのかをしっかり伝えると子供もイメージが付きやすいと思います。

 

7.まとめ

いかがでしたか。子供のアレルギー性鼻炎の原因は季節性なのか、通年性なのかをよく知ったうえで自分の出来る事からぜひ、取り入れてみてくださいね。

私の子供は季節性と通年性を持ち合わせているため細めな掃除は欠かせません。

カーテンも意外と外からのアレルゲンがついていることが多いので晴れた日などに洗濯してみてはどうでしょうか。冬場では加湿替わりになるので夜洗濯して干す方法もあり一石二鳥ですよ。

アレルギー性鼻炎と上手く付き合うポイントは、アレルゲンとの接触を避けること。そして、上手に薬物療法を利用して悪化させないことです。

多くのママ達がアレルギー性鼻炎の対応策に役立ててもらえたら幸いです。

子供の花粉症が増えている?気になる受診先や予防法を紹介!

2018年10月22日

妊娠・出産・子育て・子供の事には何かとお金がかかります!

それなのに、妊娠中や子育て中は家から出られなくて、できることが限られてしまいます。

働きに出ようと思っても、身体の事や子供の事が理由で思うようにはいきませんね。幼い兄弟がいればなおさらです。

だからこそ、今の内から資格を取って自分を磨き、少しでも今後のために心に余裕を持ちませんか?

私がおすすめするのは、家にいながらでも、スマホのみで素敵な資格が取れる通信講座formie(フォーミー)です。

今の環境だからこそ、こちらで資格を取得して、自分の可能性を広げてみましょう。

formieは50以上の資格があり、あなたに必要な資格がきっと見つかるはずです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

口コミ多数!スマホで簡単に資格取得!formieの実力!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です